つらつら〜気侭、気紛れ日記

雨の降る灰白い一日を本を読んで過ごしました。
西澤保彦氏作『両性具有迷宮』
京都へ出掛ける前に1/3を読み、残りを読んだ次第です。
何故、旅に持参しなかったのかと申しますと...面白過ぎて、
場所を構わず笑い出してしまいそうであったから、です^^;;
出発前に「ウヒャヒャヒャヒャ〜!!」笑いしてしまったもので...(苦笑)

そう言う訳で、今日は少し腹が捩れております。

06.睦月 参壱日

数日前の天気予報では曇だと言ってたのにナ^^;;
荷物を軽くする為、傘は持たずに来ていた今回の旅。
のんびりと宿で過ごしている間に小降りになり、助かりました。

学生時代に住んでいた界隈まで、鴨川沿いに歩いて移動。
雨降り故か、水際の水鳥たちは遊歩道の直ぐ目の前で餌を啄ばんでいました。
触れそうな程近くに居るからカメラを構えると...少し離れてしまう^^;;
歩いてると気にも留めずに居る癖に!!(笑)

かつての通い路を行き、懐かしい喫茶店やパン屋に入ったり、商店街をウロウロ。
時間は過ぎたけれど、場所の息遣いは殆ど変わって居らず、懐かしさにひと息。
ただ自分だけが移動してるなぁ...と実感してしまったような。

午後からは滋賀の友人宅を訪ね、赤ちゃんの成長に驚いたり一緒に遊んだりと
賑やかで楽しいひと時を過ごして来ました。又、遊びに行くからね♪

離れてみると見えて来る『距離感』を感じた2日間でした。

06.睦月 参拾日

京都にて専門学校時代の同窓会。
約一年振りの京都なので、興奮してたんでしょうな...
一応、布団には入ったのだけど、何処を歩き回ろうか?なぞと色々と思い巡らせ、
結局起き出して新幹線の時間を調べ直したりと、一睡も出来ずに朝を迎えました。
(我乍ら、何てハイテンションなんだろう・・・)

今回は幾つかのカフェ巡りと馴染ギャラリーへ顔出しして来ました。
底冷えのする京都らしからぬ『小春日和』の中、のんびりと歩き回った一日。

夕刻、懐かしい面々と会って話して盛り上がって(!? 笑)...楽しい同窓会でした^^

ほろ酔いで宿まで裏路地を写真撮りつつ歩いて帰り、部屋でも軽く手酌酒〜♪
・・・楽しかった京での一日は過ぎて行きました。(呑んでばかり・・・汗)

06.睦月 弐九日

本日は怪奇・怪談の本を二冊読了。
元々嫌いな方ではないが、余程気に入らないとこの種の本は買わない。
なのでかな?一気読みしてしまいました(笑)

ひょっとしたら日々の生活の中で、それとは知らずに出合ってるなんて事も
あるのかも・・・と、思ったり。特別なものではないのかもしれませんね。

06.睦月 二八日

天気予報は晴れだけど、薄い膜の掛かった様な一日。
霧の朝に始まり、お陽さんが昇っても「寒さ」というフィルターを
通している感じで霞んでいる状態。時折こんな天候な日があります。
季節により気温の違いはあれど、夢現な世界に迷い込んだような気になります(笑)
妙な想像力ばかり逞しいかもしれませんが、桃源郷と言った「境目」の世界は
こんなんかしらん? と思いを馳せたりしつつ、読書を楽しんでおります^^

先日、友人から沢山貸して貰った大田垣晴子さんの本を読んでいます。
様々・色々なものに興味を持つ大田垣さんの視点はとても興味深く、面白くて
どんどんと読み進んでしまいます。はぁ...止められない♪(笑)

然りとて、読書する時しない時の差が激しいので、いつまで続くやら^^;;
読書熱が暫く絶えぬことを願いましょう(未読本が山積み...)

06.睦月 弐六日

今夜の一品
ピエロの赤鼻
『ピエロトマト』
何とも可愛いネーミング
ピエロの赤鼻をイメージ
してるんだろうな^^
霧雲の向こう

昨夜の夜更しが応え、ぽかぽか陽気の中、うつらとしつつ読書の一日。
昨年購入し未読だった、芦原すなお氏の『月夜の晩に火事がいて』を読了。
眠る前に読んでいたからか、作中の夢中夢と同じ様な夢を何度か見た(笑)
考え事をしながら眠ると、それに関する夢をよく見る。
奇妙な浮遊感、鏡を覗き込んだ様な多重感、自分を眺めている別の自分...etc。
夢見が悪い事もたま〜にあるけど、面白いなぁと思う事の方が強い眠りの世界です。

06.睦月 弐五日

帰郷中に届いた試写会当選の報せ。
籤運は人一倍悪いから、そっちの運は使い果たしちゃったかも(苦笑)

『単騎、千里を走る』を鑑賞。
口下手故に息子と長きに渡り確執してしまった男の、自分なりの誠実さで
起こした行動を切っ掛けに繋がって行く「父子」の絆を見出してゆく物語。
非常に淡々とした風景の中、「ひとの温もり」に触れ、その中で自分と息子
を重ね合わせる男の起こした行動や心持ちに言葉通じぬ人々も動かされる
姿に、思わず涙。心通じる時、言葉より確かな繋がりが生じるんだなぁ。
中国文化の一部も垣間見られ、その点も興味深い作品でした。
(個人的に好きなジャンルの芸能なので。)

↑だったので、午後から食事は摂らずに出掛け、数年振りにマクドへ行ってみた。
たまにこういうジャンクが食べたくなって(笑)
以前なら胸焼けしてた味付けなのに、今日は不思議と平気。
色々と事細かに商品改善しているCMも流れていたしな・・・努力の成果?
以前より利用回数が増えそう(笑)

さて。今晩も寒いので、試写会から帰り、鳥鍋をこさえました。
晩い時間に帰宅する相棒用なのに、ついつい酒の肴に食べてしまった^^;;
確実に=身に付く=時間帯なのに・・・消化の為、今宵は3時間程夜更し決行です(汗)

06.睦月 弐四日

目新しき哉?(笑 寒空に鍋の湯気^^

全国的に雪なのか〜と予報を見ていた朝。
まだ空暗い6時頃には降ってなかったのにな。
7時頃に玄関を開けると薄っすらと雪化粧な世界でした。

日中は陽射しが暖かですっかり解けてしまいました。
淡雪とは今朝のようなものを指すのでしょうね^^

06.睦月 弐参日

淡雪ふわり

久々にすっきり晴れた青空の一日。
絶好の洗濯&布団干し日和なのに、遅い目覚め^^;;
こういう時、ちと勿体無い過ごし方をしたと思ってしまう...。
凹んでいても始まらないので、帽子の洗濯や部屋の整理をして気分の入換えを。

何故だか無性にカレーが食べたくて、今夜はキノコと野菜たっぷりカレー♪
お惣菜屋さんで買った菜の花コロッケと簡単海草サラダを添えて^^
・・・食べ過ぎて苦しい夜です(汗)

06.睦月 弐弐日

「春」野菜が出始める頃なのかな。
ちょっぴり嬉しくなる^^
春野菜とキノコのカレー

スタンプ制でカードがいっぱいになると一作品無料で観られる近隣の映画館。
今日でその期限が切れるのに昨日気付き、バタバタと出掛けた。
三谷幸喜氏監督の『THE 有頂天ホテル』を鑑賞。
心置きなく笑い、楽しんで来ました^^
今年の映画初めがこの作品で良かった♪

06.睦月 弐壱日

冬の18切符最終日、故郷から戻りました。
戻る前や途中に立寄りたかった場所数箇所へ切符活用で足運び^^

福岡-広島間は片道6時間。
運良く乗換え無しで下関から揺られる事、4時間...あぁよく寝た(笑)
座りっ放しで腰が少々痛くなりましたが、楽しい道程でした。

06.睦月 弐拾日

下りホームの向こうに広がる菜の花畑♪

これを撮りたくて、この駅で下車。

一足早い春の色^^
故郷にて

久し振りに高校時代の級友たちと会えた。
年賀状のやり取りはしていたけれど、機会を逃してばかりで本当に「やっと」(苦笑)
近況報告や思い出話なぞなぞ、あっという間に二時間経過。
こういうのは時間が幾ら有っても足りない気がする。
又、会おうね〜^^

祖母殿を見舞った後、母校付近を懐かしみつつ散策。
土産物を選びながら馴染の商店街を歩き、家路に着いた。

06.睦月 壱九日

寒さ戻る午後 通学路

貸し本屋へ返却序でにお気に入りのケーキ屋さんへ。
帰省する度、訪ねる場所のひとつ。
おかみさんの元気な笑顔を見ると何だかほっとする^^
店名と同じ名前のケーキとエクレア、ラズベリータルトを買い店を出た。

思い出を訪ね歩く様に変わらぬ店先を覘き、立ち寄り、ほっとする。
たまにはこんな散歩も悪くない^^

06.睦月 壱八日

望郷の沼

門司港から下関迄、歩いてみた。
古い駅舎を堪能し、猫を発見しつつ鄙びた家並みを行き、様々な建物を見て歩き、
関門トンネル人道を目指して進む内に日暮れ時の海と向かい合い、徒歩13分で海峡を
渡り、夜の海を眺めつつ下関・唐戸の港から小型船で門司港へ戻った一日ふらり旅。

やぁ・・・よく歩きました!!
この夜呑んだ麦酒の旨さは、暫く忘れないな(笑)

06.睦月 壱七日

門司港駅舎

11年前の出来事に黙礼を。刻まれた記憶。

雨降る中を貸本屋まで散歩がてら出掛けた。
中学生の頃に通学路だった道を歩き、周囲の変化を楽しむ。
ボクの好きだった田圃道は今でも残っていて、刈られた稲を踏み踏み
ざくじゃくと音をたて、少しぬかるんだ足応えを楽しんで帰った。
(長靴を履いて来れば良かった・・・笑)

こういう場所が残っている事がとても嬉しかった、雨の午後。

06.睦月 壱六日

懐かしい道/田圃

13日に情報を仕入れた『歌川国芳 武者絵・戯画展』
会期が本日迄なので、18切符を使ってのんびりと小倉界隈へ。
開館して直ぐに入館。人出を気にせず、ゆるりと鑑賞できました^^
見応えのある作品ばかりであっという間に3時間弱経過(汗)

計画では門司港界隈も歩く予定だったけど、小倉界隈も古い町並みや
昔ながらの商店アーケード街があって楽しめてしまって♪

結局、母上の誕生日祝いにケーキとささやかな贈り物を買って帰りました。

06.睦月 壱五日

小倉城に隣接したリバーウォーク北九州内にある。

キャナルシティに似てるなぁと思っていたら、
同デザイナーさんの作らしい。この建物自体も
面白いので時間を忘れて楽しんでしまった^-^;


年代関係無く過ごせる場所だな^^
北九州市美術館分館(リバーウォーク北九州)

一晩ぐっすり眠ったら、ケロリと治りました。
体力が落ちてるだけなんだろうなぁ(汗)
帰省すると気が抜けるのか、一日は寝込む傾向にあります。

さて、この晩は兄貴殿の奢りで馴染の焼き鳥屋へ♪
一応、病み上がりなのでスローペースで呑み、大将とも語りつつ
楽しい夜を過ごしました^^ 兄貴殿、ご馳走さんでした!

06.睦月 壱四日

ロボットみたいな雨の染み 夜影雨絵

昨日迄の晴れ空は何処へやら・・・朝からよく雨の降る一日。
乾燥しきっていた空気が久し振りに潤され、瑞々しい感じ^^
母上のお誘いで午后から美術館へ。
『栄光の大ナポレオン展』鑑賞。
煌びやかさだけでなく、苦悩するナポレオンの姿や
共に生きた人々の強かさを感じさせる展でした。
豪華な宝石より調度品や衣装の柄にばかり目が行っていました(笑)
その辺のポストカードがあれば、是非欲しかったなぁ・・・。

...しかし、妙に身体がだるく、節々が痛いなぁと呑気に思っていたら
やっぱり熱がありました^^;; ...38.8℃なんて久々に出たよ(苦笑)
Bearの材料を見繕ってる場合じゃ無かったのかも^^;;

どんなに高熱でも食欲だけは失せない体質なので、今回も確り夕飯を食べ、
解熱剤を飲み、筋肉痛対策でサロンパスを全身に貼り、額には熱冷まシートと
とんでもなく凄まじい格好で床に着きました。
そんな姿も珍しいので、写メに収めて独り笑ってました^^;;

06.睦月 壱参日

この兎が好き。→
誰の作なんだろう?
福岡市美術館

普段の運動不足が祟って、かなりの筋肉痛(汗)
これから荷造りをして帰省します。
電車で5〜6時間掛かるから、軽い旅気分♪
やり残した片付けがあり、かなり遅い出発となりそうです。

05.睦月 壱弐日

帰郷前に尾道へ出掛けて来ました。
晴天でとても暖かい日だったので猫に合えるかな〜♪と
期待していたのですが、一匹しか合えずじまい・・・。
淋しいなぁ。

散々歩き回ったから、明日の筋肉痛がちと心配です(苦笑)

05.睦月 壱壱日

明後日から帰郷する為、青春18切符を求めに駅窓口へ。
実は発売が今日迄で、忘れていたから焦っての足運び...。
駅員さんもポソリと「今日迄やね」と確認していたのには思わず笑ってしまった。
使えるのも残り10日間だから、珍しかったのかもしれない^^;;
・・・フル活用させて頂きます!(笑)

肉屋のおいしいコロッケが揚がるまで時間があったので軽くサイクリング。
瀬野川で水鳥たちの様子を観察。狩場争いをする鷺、ダンスのような
ユリカモメの群れ狩り、鴨と家鴨の餌場競争・・・etc。飽きない時間。

ほっかほかコロッケを忘れずに買って帰りました^^

05.睦月 壱拾日

餌付けされているらしく
人影を見ると寄って来る。
ユリカモメは飛びつつ様子見(笑)

餌持ってたら襲われそうだ^^;;
奈良の鹿並みに(爆)
瀬野川・冬景

近くのショッピングモールへ。
ふぃっと入ったインド雑貨店で肌触りの良いガーゼのシャツを発見。
新年セールで50%offにてGET!!
季節問わずな服を好み、セールにとび付きはしないけど、やっぱり得した気分^^

たまにはバーゲンに出掛けてみるのも良いナ。

06.睦月 九日

思わず撫でてしまうBig-size。
おちびちゃんは抱きついたりしてた。

写メしていたら、保険屋さんが
「如何?」と寄って来る一齣も(苦笑)
まぁ看板だから仕方無いか^^;;

そう言えば、彼の名前は何というのだろう?
君の名は?

以前から行ってみたかった岩国の錦帯橋へ。
昨年の台風の被害がまだ残る姿だったけど、綺麗な橋でした。
有難い事に天気にも恵まれ暖かい一日。
思いがけず沢山の猫たちとも合えて、顔が緩みっ放しでありました(笑)

05.睦月 八日

河原にて 錦帯橋
川面に映る影も美しい。
様々な姿を楽しめる^^

折角の三連休に又も寒波が・・・
晴れ空だったのに夕方には真っ白になり、雪から霙へと寒い夜に。

七草粥を食す日=正月気分を入替える日、かな。
七草を幾つか覚えていないので、気になって調べてみた。
年末年始で疲れた身体を回復させる働きのあるものばかり。
年頭に食すことで無病息災の願いも込められているようで。
昔の人の知恵ですね^^

玄米食なのにうっかり仕込み忘れたので、せめて野菜ものをと
気持ち大根と人参を花型にした焼餅入りのスープを作りました。
大根・人参・牛蒡・白菜・ぶなピー・糸蒟蒻・ベーコンで一応七種。
お餅をお米の代わりに。ちと雑煮っぽいかな?(笑)
山芋入りの玉子焼きと共に食しました。

元気に一年を過ごせますように^^

06.睦月 七日

白き使者
すっぽりと・・・
元気祈願

昨日、外出のついでに食料調達の為、スーパーへ。
雪の為、野菜が高値だとは聞いていたけれど、実際に値を目にして
「うひゃ〜!!」と唸ってしまった(苦笑) 鍋な時期には辛い事で^^;;
いつまで続くのかな、この雪は・・・

寒さ増す今晩は、相棒方から貰って来た丸大根を使った鰤大根と
白菜やら野菜なぞを色々と放り込んだ中華風スープ♪
じんわりと染みた味が身体に沁んで、ほこほこ^-^
掛かった手間も一瞬で忘れられるおいしい幸せ♪
...我乍ら、単純です(笑)

06.睦月 六日

本日は寒の入り。
これから更に寒さが厳しくなると予報でも告げていました。
全国各地で大雪の被害が相次ぎ、犬喜びばかりでは居られませんね。
少しでも緩やかな雪になってくれることを願いましょう。

今日は午後から所用で隣町の役場までお遣いに。
用事後、久し振りにその近辺を散歩して回ると、年越や初詣の名残が
其処此処に残っていました。夜に来るとどんな感じだったんだろう?^^
想像をめぐらせながらの楽しい散歩でありました。

05.睦月 五日

海田のひまわり観音さんへ続く細道。
除夜の鐘時に足元を照らす為の灯りらしい。
硝子筒の中には融けた蝋燭が残っていました。
灯火の細道

帰省中の洗濯物を片付けようと意気込んではみたものの生憎の曇り空。
昨日とは打って変わり、随分と冷え込んでもいたようで。
仕方が無いので竿を室内に渡し、ずらら〜っと干しました。
・・・量の多さに改めて吃驚(苦笑)

明日こそ良い天気になって欲しいものです。

06.睦月 四日

相棒の仕事始めが四日からで、雪の心配もあり昼前に出発。
けれど気抜けする程の青空で、風が強い事を除けば暖かく感じる位。
何はともあれ渋滞にも巻き込まれず、無事帰り付けて良かった良かった。

明日もこの調子で天気に恵まれると嬉しいのですが・・・

06.睦月 参日

車中より

相棒の故郷は京都府北部。
それなりに雪深い土地だとは聞いていたけれど、これ程とは・・・
相棒や当地人に言わせれば、こんなのは大した事は無いそうで(苦笑)
...という事は、更に北部はもっと凄いんだな(汗)
自分の故郷がどれだけ温暖なのか改めて分かった一齣。

午後から一時、雨。
夕方には静かな陽射しが。
初雨の露

夕方から友人宅へお泊りに。法事以来だから随分久し振りの来訪♪
すき焼きの鍋を突付きつつ、呑み交わし語り合って来ました^^
どちらかと言えば魚・鶏食なボクは余り作らないので、かなり久々。
思わず顔も緩んでしまう旨さでした(笑)

06.睦月 弐日

久々で箸も進んだ一品^^ 鍋の中身は? ^^

相棒の故郷で初めての年越し。
紅白も観ず、(TVで)除夜の鐘も聴かず、年明けの花火で新年を迎えました。
打上げが始まる頃には丁度良い位に酔いが回り、ぬくぬくほこほこ。
寒さも感じず窓全開でデジカメ片手に燥いでおりました^^;;
...共に観ていた義両親は寒かっただろうなぁ(反省)

2006年はこうして始まりました^^

06.睦月 壱日

酔って、燥いで写した写真。
まともなのはほぼこれだけ(汗)

見事にタイミングずれてるし
・・・酔っ払いですなぁ^^;;
初春夜花