つらつら〜気侭、気紛れ日記

雨の切れ間に荷を送りに郵便局へ。
帰り際に芋畑を見付け、葉の上を転がる滴を暫し観察。
蚊避けのスプレーも空しく喰われ、幾箇所ぷっくりと赤く脹れてしまった。
...そんなに甘いのかね、ボクの血は^^;; 毎年の事乍ら苦笑い。

途中からは雨に濡れつつの帰り道。
いつもより濃い緑や土の匂いを嗅ぎながら、静かな色の世界を楽しんだ。

06.水無月 晦日

姫女苑 流雲 ゴマダラカミキリ

梅雨の晴れ間が続き、洗濯物の溜まらぬのが有難かった三日間。
明日からは暫く雨。夕刻には雲が流れて来ていた。

蒸暑い中、何とかベアが完成。
明日の午前中にラッピングと梱包を済ませ、依頼主の元へと旅立つ。
どんな反応が返ってくるのか、今からとても楽しみ♪

明日は少々材料の棚を整理して、次の子の型出しをしなくては。
作りたいものが頭の中で踊っているので、それも描き留めないと・・・。

夏ボケしている場合じゃない。

06.水無月 弐九日

完成の踊り? 梅雨戻り

つい先日まで涼しかったのに、この蒸暑さは一体・・・(汗)
じっとりと汗を掻くので作業も滞り気味。
・・・もう少しで完成だと言うに!!

この際、思い切り汗を掻こうと夕飯はちと辛目の麻婆豆腐を作ってみた。
辛い物だけだと辛いので、煮大根のトロロ餡かけも一緒に。
...思った以上に辛くて涙も出た(苦笑)

夏は汗をしっかりと掻いて、スッキリが一番!

06.水無月 弐八日

[今晩の献立]
・山菜入玄米ご飯
・オクラ入麻婆豆腐
・煮大根のトロロ餡かけ
燃焼系?
* 夏はネバネバ食材が旨い♪

以前から好きで愛飲している発泡水。
ペリエが一番好きなのだけれど、天然物はお値段が少々高いのが悩みの種。
嬉しい事に、今年はノンカロリーの炭酸飲料が色々と発売されているので
見付ける度にワクワク☆いそいそと購入し、飲み比べをして楽しんでいる。

一番好きなもの(左)を近頃めっきり見掛けなくなったので、ちと淋し。
中央のポテトチップスは、スパイスのGABANのブラックペッパー味。
CMを見て「これは買いだな!」と珍しく思った商品。
黒胡椒が効いてて癖になる味。麦酒や発泡水にとても合う♪
パッケージがスパイスのものと同じなのも、お洒落。

暑くなって行く日々を、これで少しでも乗り切れるかな?

06.水無月 弐七日

ドライレモン 酸素入り(レモンフレーバー) シークァーサー味(微炭酸)

大雨洪水警報の出ていた午前。
午后からは雷注意報のみに変わったので、友人へ祝いの品を送りに郵便局へ。
さすがに雨の日は猫とも会えまいと思いつつも、デジカメ片手に出掛ける。

猫の溜まり場を通ると、お疲れ気味の大きな黒猫がのそりのそりと出て来た。
追いかけるのも可哀想なので、静かに背中だけ撮らせて貰った。
行きと異なる路地を帰る途中、塀の上にパンダを発見!
雨に濡れ少々淋しげに此方を見つめていた。

雨上がりの散歩は、澄んだ空気と洗われた色を楽しめるから好き♪
ご近所の畑では夏野菜がぐんぐんと生長し、目を見張るばかり。
生命力溢れる夏を色濃く感じた午后だった。

06.水無月 弐六日

雨、ひとり。 ぐぐぐん!

有り難い夏空の翌日は、ずっと雨の一日。
こんな感じだと過ごし易くて嬉しいのだけれどね。
(災害が起き易い点は頂けないが・・・。汗)

ベアの仕上げをしつつ、雨音に耳を傾ける。
強弱によって変わるそれに、色を付けてみたりと頭の中で遊んでしまう。
裏山からの鳥の鳴き声も混じり、静かで穏やかな時間が過ぎて行く。

雨の日の散歩は濡れてしまうけれど、それも涼しい日なら余り苦にならない。
デジカメをなるたけ濡らさぬ様に気を付けて、何枚かパチリ!
こういう時だけ水対応機が欲しくなる(笑)

風邪を引かぬ程度に、雨を楽しもう。

06.水無月 弐五日

雨粒の樹 アルストロメリア

休日出勤の相棒を送り出し、そのまま掃き掃除や洗濯を開始。
雲間からちらほらと青空も覗き、長閑な一日になりそうな予感。
ベランダで植物の世話をしていると、お客さんがやって来た。
小さくて細身の草色をした蜻蛉。
二枚ほど写真を撮り、休憩の邪魔をするのも悪いので静かに部屋へ戻る。

来週早々に頼まれものを送る予定なので、仕上げ作業をいそいそと。
しか〜し、昼からすこぶる良い夏空になったもので、じっとして居られず
布団干しを終えた後、二時間ばかりご近所をふらふらと散歩して回る。

途中で猫さんと出会い、暫く遊んで貰ってから小さな田圃へ足を向けた。
蛙の卵やら後脚の生えたオタマジャクシ、ヤゴの抜殻を写して悦に入っていると
近くで遊んでいた子ども達が来て、別のヤゴの抜殻や捕まえた蜻蛉を見せてくれた。
流石、遊び場にしてるだけあるなぁ^-^
自分の子ども時代を思い出しつつ、お礼を言って家に戻った。
(今でもボクにとっては田圃は魅力的な遊び場だけれど♪)

昨夜の星は見えた時間帯からすると、火星か土星らしい。
雨に洗われ、澄んだ夕空のお楽しみ。今夜も見れるかな?

06.水無月 弐四日

中休みの朝 爪出しミケさん 夏近し。
朝のお客さん 空き地にて

んぁ〜・・・W杯のブラジル戦は、昨夜だったのか(汗)
何故か今週の土曜日が試合なのだと勘違いしていた。
ちと体調不良で眠っていたので知らなかった^^;
今朝、点けっ放しのラジオで流れていたNewsでやっと知った次第・・・。
侍の皆さま、お疲れ様でした。そして、ありがとう。
平素、見る事の無いサッカーを四年に一度でも楽しむ機会をくれたのだから。
四年後を楽しみに、密かに応援しよう。

雨は去り、どんよりとした曇り空の下で溜め息。
梅雨前線が故郷の九州方面へ移動したようなので、それが少々心配。
明日も同じ様な空模様らしいから、気晴らしに近くまで散歩に出てみようかナ。

夕食後、ベランダで涼んでいる時に南西の空に赤い星を見付けた。
電波塔の灯りでも無さそうだし...ハテ?
のんびり調べてみますか^^

06.水無月 弐参日

南西の赤星

昨夜晩くから降り出した雨がずっと続いている。
久々の雨で気温が下がり、過ごし易い。
...それにしても雨量が多い(汗)
山崩れや土砂崩れが起きないか、ちと心配だ。

ベランダの植物たちは嬉しそうに見えた。

06.水無月 弐弐日

ミニ紫陽花 ミントたち

本日は一年で一番、お昼の時間が長い『夏至』。
昨日に引き続き、安定した晴れ空に感謝しつつ、最後の毛布を洗う。
やっと布団の衣更えが完了し、押入れが片付いたので気分スッキリ!

その反面、蒸々とした暑さに茹だり、少し涼しくなった夕方に散歩に出た。
明日からは梅雨本番の長雨が続くらしい。
空を見上げると、既に薄雲が広がりつつあった。

先の17日より夏至の夜8〜10時の二時間を無駄な電気を消して過ごそうという
呼び掛けが新聞に載っていたので、今宵は蝋燭を灯して入浴を楽しんだ♪
柔らかい明かりの中でのんびりたっぷり、心も身体も充分に解れた。
今夜はいつも以上によく眠れそう^^

06.水無月 弐壱日

南天 夏至の夕空 夏椿、ポトリ。
candle-night ☆夏至 candle-night ☆夏至 candle-night ☆夏至

[コチラも参考に] * 「100万人のキャンドルナイト」
http://www.candle-night.org/index.html

梅雨の晴れ間は明日迄というので大物を洗い、午后からサイクリングに出る♪
目的地は夏の風物詩だという旧丹那線跡地に咲いている立葵の群れ。

自転車で行くのは初めてなので地図を見乍ら、ゆっくりと進む。
日焼け止めを塗っていても痛い程の夏の日差しの下をぷら〜りぷらら。
心地良い風を受け、夏の花々や青空・眩しい緑に見惚れての楽しい道程。
そろそろかなぁ〜?と地図から目を上げると、通りの向うにその姿が見えた^^

道路標識よりも背が高く、風に揺れ動く群れをぼんやりと見上げる。
天辺まで花が咲き切ると梅雨が明けるのだとか。
「今年はいつ頃ですか?」等と尋ねつつ、カメラに収めたりして過ごす。

この立葵はボランティアで植えられているようで、参加を募る貼り紙があった。
広島生活のサイトさんにも書かれていたけれど、世話をする方の高齢化や減少で
範囲が段々と狭くなりつつあるらしい。地域交流事業にならないものかしらん?
勝手にそんな事を考える。

立葵に別れを告げ、その先に植えられた紫陽花にも挨拶して港へと足を向ける。
あおい通りの他には別段目的の無いぷらりだったから、何と無く走ってみる。
外出前に『広島カフェ本』で調べてみると、火曜日定休のお店ばかり。
運良く行き合えばと思っていた「スーホルムカフェ+ダイニング」を発見♪
港公園をうろうろした後に立寄った。

インテリアショップ・アクタス広島店内にある、広々・ゆったりとした空間。
お洒落な店内はどの席からも海を臨めるのが、ちょっとした贅沢。
珈琲を注文すると、一口サイズのオレンジピール・ケーキが付いて来た^^
市松模様に並べられた小っちゃな角砂糖が可愛くてお洒落で、一枚パチリ!
座り心地の良い椅子に腰を落ち着けて、海を眺めつつ暫く、ぼぉ。。。(笑)
平素の運動不足が祟り、軽く疲れた身体を日暮れ時の珈琲時間が癒してくれた。

帰路は反対回りに道を進み、夕陽が空を染める頃に家に辿り着いた。
楽しかった午后の名残りは、土方焼けの火照りとなって寝苦しさをもたらした(汗)
・・・まぁ、明日には引くだろう(苦笑)

06.水無月 弐拾日

梅雨に咲く花〜立葵 昼下がりの公園 夏に咲く花〜夾竹桃 日光浴中・・・
あおい通り SOHOLM CAFE+DINING SOHOLM CAFE+DINING 窓際席からの眺め

昨日の掃除で埃を被って出て来た『春日さま』。
「千と千尋の神隠し」に登場している神様の一人。
奈良に住んでいた頃、妙に愛着が涌き、購入していたもの。
引越してから下げる部分が壊れたので、そのままにして忘れていた(汗)

ごめんよ...と謝りつつ、きれいに洗って乾かして、修理を。
洗うと簡単に接がれてしまった部分をホワイトボンド&ステッチで補強。
衣装を寄せ縫いして本体に縫い付け、杓と顔札も取り付けて完成^^
見違える程、立派に再生。

居間のドアノブから此方を見守ってくれている。

06.水無月 壱九日

再生前・・・ 春日様

曇り空晴れて、青空の広がった日曜日。
布団干しを皮切りに、いそいそと湿気対策に没頭。
生地のストックや飾り棚の住人が多いから、この時期は
ちょっとだけ神経質になる。大切にしないとね^^

住処が峠途中に在るので、お天道さんが沈む姿の臨めない夏。
せめてもと思い、南北から写してみた。

夏の暑さは平気だけれど、日差しは目を焼くので少々辛どい。
けれど数日は梅雨の晴れ間が続くらしい。
日焼け対策とサングラスで近場までサイクリングにでも出てみよう♪

06.水無月 壱八日

北 ←北側 南
南側→

友人から「漢字バトン」を貰い、別の場で答えたのだけれど
改めて漢字の面白さや楽しさ、深さなぞに気付く。

先日、縁有ってセールで浴衣を買ったついでに、店員さんに
着物について知りたかった事をあれこれと尋ねる事が出来た。
その時に感じたのも「和とは漢字の文化なんだな」ということ。

以前から『和』好みではあったけど、ここ数年その度合いが更に
増している気がする(笑)...もっと生活の中で生かせれば良いな。

今夏の目標は「浴衣を自分できれいに着付け出来るようになること」
(辛うじて着れるが、直ぐに着崩れを起こしてしまうのでその辺の改善を・・・)
三日坊主にならないよう、頑張ろう(笑)

06.水無月 壱七日

朝から日暮れまで、空に見惚れてしまった本日。
雲海の朝、海を見上げている様な夕刻、山の端に広がる夢の様な茜空。
綺麗だなぁ。。。♪

ここ数日の大雨で甚大な被害が出ているとの報道が続く。
雨の神さん、過剰なサービスは要りませんから、もう少し加減して下さい^^;

06.水無月 壱六日

雲海の朝 泳ぎ雲 陽は山向うに

鬼の如くに降った雨も過ぎ、涼みに近くまで出た。
幾度か通っている筈の場所に水田が広がっていた。
こんなに近くにあったんだ...と、ぼへらっとしつつ臨き込む。
オタマジャクシやアメンボなぞの懐かしい顔がわらわらと動いていた^^
(カブトエビはもう時期的に居ないのかな・・・?)

夕陽映える水田とその脇に咲いていた菖蒲たちに見惚れたひととき。
蛙たちの鳴き声が梅雨の訪れを喜んでいるように聴こえた。
散歩の楽しみがまた増えた♪

06.水無月 壱五日

大雨の後 潤しの場所 大雨の後〜夕刻

所用で出掛けたついでに軽くサイクリング。
出た時は夏の日差しが降り注いでいたものの、涼しく気持ちよい道行。
けれど帰る頃には予報通り、どんよりと雲の広がる蒸暑い夕方となった。

そんな中で出会った猫。
とても気になるものがあるらしく、懸命に匂いを嗅いでいた。
何嗅いでるの?と近付くと逃げてしまったのだけれど・・・。

ドクダミの花咲く路地での出来事。

06.水無月 壱四日

夏告げの花たち 揺花 くんかくんか・・・
河原にて

屋内でぬいぐるみ作りをしていても蒸暑かった日中。
日暮れと共にのっそりと買い物へ出てみる。
空を見ながら戸締りしていたので、足元に居たお客さんにちと吃驚!
淡い森の色をした大きな蛾。
とても柔らかそうで、収めた後についつい触ってしまった。
驚かせたらしく、ふらふらと飛んで行ってしまった・・・
一休み中だったのかなぁ...悪い事したかも^^;;

暮れて行く空に見惚れ、何度も立ち止まりつつ歩いた暑夏。

06.水無月 壱参日

分子模型 お客さま 暑かった日の夕刻
散歩の路地

地震前夜、雲間に黄粉色の月が臨いていた。

妙な色だなぁ・・・と思いつつ、見上げていた。
前夜の月

夏の夜は早くに明けるから、自然と早起きになるけれど
今朝はそれでも一時間も早い目覚め。(いつもは6時起床)
こんな時間に何故?と不思議に思っていると、地震が来た^^;
予想外に長めで大きい揺れに、鉢植え棚を押さえに飛び起きた(笑)

結局、次震は来なかったので軽く寝直し、後はいつもと同じ朝。
我が家は飾り小物の一部が落ちた程度で実害は無かったけれど
怪我人や建物の損壊、交通機関の乱れのニュースが流れて来た。
他人事ではないだけに胸が痛む。

心を癒してくれたのは、ご近所さんの庭先に咲いていた白百合。
すっきりとした気持ちになれた。

ベランダで咲いた小さな花にも元気を貰った朝。

06.水無月 壱弐日

地震の朝に ゼラニウム

心配して連絡をくれた友人たち、ありがとう。
ほんに嬉しかったよ!

爽やかな青空を確認し、居間を模様替え。
きれいに掃除した板の間が足の裏にひんやりと心地良い♪
入れ替わりで敷いた井草マットの匂いに夏の訪れを感じる。

心地良い風の吹く午后、昨日の動物園を思い出しつつ写真の整理。
* 飼育員さんの描いた動物漫画がとても面白く、笑いながら読んだこと
* 陸亀館にて引っ繰り返ってジタバタとしている亀が居て心配したこと
* エリマキキツネザルの「会話」する声が甲高く、喧嘩!?と吃驚したこと
* 間近で見るライオンは身体も声もやっぱり大きくて迫力を感じたこと
* 孵卵器で孵ったばかりの雛を間近で見れたこと
* ふれあい公園にて触った赤ちゃん羊や山羊の毛が柔らかかったこと
* 毛繕い用ブラシを持った途端、大きな豚が「ヨロシク〜!」と寄って来たこと
 (気持ち良さそうに目を細め、「終わったよ^^」と軽くポンッ!と叩くと
  「ハイ、ありがとさん♪」とのんびり離れて行った。笑)
* 沢山の植物に囲まれ、季節の移ろいを楽しめたこと
* 本物の孔雀の尾羽を用いた撮影コーナーで変装し楽しんだこと^^;
等など・・・上げると切りが無い程、収穫や発見の多い土曜日の午后だった。

沢山の写真を動物編と植物編に分け、upする。
今度はお弁当持って、のんびりと訪れるのも楽しそうだ。

06.水無月 壱壱日

先週末かな...カウンターが4000を越えました!
  嬉しいなぁ。。。いつもありがとうございます^-^

好い天気に誘われて、初夏の安佐動物公園へ。
初めて訪れた其処は沢山の緑に囲まれた大変心地良い場所。
結構広くて、なかなか良い運動になった^^
動物たちに挨拶し、植物の花や新芽に喜び、あっと言う間に閉園時間。
夏には夜間営業するそうなので、又訪ねてみたい♪

思ったよりも日差しがキツく、防止も空しく軽く日焼けしてしまった(汗)
少々火照ったけれど、涼やかな夜風のお陰ですんやりと眠りに落ちた。

06.水無月 壱拾日

染まり行く花 おやつの時間

夜通し降った雨が朝には上がった。
雨垂れの紫陽花へ挨拶しに軽く散歩に出た♪
...少し肌寒いみたい。
雨に洗われた空気には梔子の甘い香りが漂っていた。

雲の姿と動きに見惚れる一日でもあった。
綺麗だねぇ。。。ほっと、ひと息。

*99%チョコを食べた(昨夜だけど)
「良薬口に苦し?」が、ふと頭に浮かんだ(笑)
小さな一欠けらだけを食べたのが良かったみたい。
3倍量齧った相棒は苦り虫潰したような顔してた^^;;
カカオの風味が鼻から抜けて行く濃厚な味ですた。
元気が足りない時に一欠けら食しましょう〜☆

*新製品の発泡酒
・・・スミマセン。
此方さんの麦酒を凄く旨いと思っているので、発泡酒はイマイチに感じてしまう。
こればっかりは個人差なもので、その点はどうかお許しを...^^;;

06.水無月 九日

入梅の晴れ間 良薬口に苦し・・・? 雨滴 初夏の夕刻
梔子 新製品

朝食に頂いた『わんこクリームパン』
持ち帰る際に眉間に皺が寄ったようで・・・困り顔になっていた(笑)
選んだ時はもっとほんわかと可愛い表情だったんだけどナ。
(食べてしまえば同じだが^^;)

今日から梅雨入り。
湿りがちな気分も「楽しむ気持ち」で元気に行きまっしょい^^

06.水無月 八日

わんこパン わんこパン

掲示板のskinを入れ替えるだけで、毎回四苦八苦してしまう(汗)
基本的な部分に気付くのに何故にこれだけ時間が掛かるのかと
我乍ら、呆れてしまう。今回は確りメモっておこう...。
まだ問題は残っているけど、模様替えできたので良しとしよう^^;

夕刻、食材の買出し兼ねて散歩に出る。
畑の花や色濃くなった紫陽花についつい見惚れてしまうので、
帰りは自転車を押して帰って来た。その途中に出会った三毛猫。
おっとりとしていて、カメラを向けても和みモードだった^^
今度は遊んで貰えると嬉しいな・・・♪

そろそろお湿りの欲しい暑い一日。

06.水無月 七日

見上げ紫陽花 何かしら?

本日は“芒種”だそうだ。
日記帳にあったので、気になり調べてみた。
種蒔きや田植えの頃をさす節気とある...田圃が賑わい出す頃なんだな♪

水田と言えば...奈良在住の頃、カブトエビを見付けて燥いだのを思い出す。
九州では見たことが無く、三葉虫やカブトガニと似た小さな姿が可愛かった。
しゃかしゃか泳ぐ姿を暑い中、子どものように長いこと眺めてたっけ(笑)
現住処近辺には水田を余り見掛けないので、残念ながら会えそうにない。
畑はちょこちょこあるのだけどね・・・。(こっちは実りと花を楽しめる^-^)
自転車で少々遠出して、田圃を探してみようかな〜♪

しかし、今日はどうにも目覚めが悪く、そのままダラダラと過ごしてしまった^^;
凄く損した気分(苦笑)...まぁ、悔やんでも仕様が無いし、明日は早起きしよう!
そんなこんなで、ちと遅めの夕食に野菜たっぷしの和風パスタを作った。
準備をしている内にもやもやな気持ちが解けた。

06.水無月 六日

ある夜の夕飯

只今、ベア制作中。
けども籠ってばかりでは不健康なので、好いお天気だしご近所を軽く散歩。
蚊と日焼け対策をし、山猿が居ない事に安堵しつつぷらぷら。
点在する小さな畑の実りや花を目当てに歩いてみた。
観賞用の花も良いけれど、実の生るものの花も可愛らしくて良い^^

たわわに実った空豆を見て、お腹の鳴った夕餉の仕度時(笑)

06.水無月 五日

トマト ジャガイモ 豆(名前まだ不明) 雨が来るまで

モリアオガエルの産卵期だと言うので、吉水園へ足運び。
泡状の卵を見て「ほわぁ〜^0^」と喜んでいたら、蛙たちにも会えた。
産卵中だったから、邪魔しないように写真も撮らせて貰った。
はぁ...とても貴重な経験をしたな^^

随分前に動物番組で見て憶えていた、猫の居る駅へも寄ってみた。
今はもう廃線となり、人気も疎らな公園となった駅にこの子が居た。
高齢で、ちょっと風邪気味。うつらつらと転寝をしてた。元気で居てね^^

緑薫る加計の町を楽しんだ一日♪

06.水無月 四日

モリアオガエルの産卵 猫の駅員さん〜安野駅

ウーム。。。やはり今年も生えた茸。何という名前なのか気になる。
さすがに愛着は涌かないが、毎年だから顔馴染のような感じ(笑)
そろそろ梅雨入りなのかな・・・。
根腐れしないように水遣りを考えなくては。

昼から軽くご近所をサイクリング。
彼方此方で紫陽花が咲き始めているので、何度も停めては写真を撮った。
ここ数日の陽射しの為か、ちと元気がなかったような・・・。

青空は嬉しいけど、紫陽花にはやっぱり雨がよく似合う。

06.水無月 参日

神出鬼没! ポストでおめかし^^

今日から水無月。
世間では衣更えや新制度の導入と気分を入れ替える日でもあったよう。
自分とて半袖半ズボン姿にて日中は過ごすようになり、夏を実感している。

そんな夏気分なので、冷蔵庫で冷しておいたこれを食べてみる。
むぅ。。。甘い。練乳いちごの濃縮版みたいな味だった(汗)
練乳に惹かれて買ったのだけどな・・・。

夕飯の後にひと欠片だけ残っていたカカオ72%のチョコを頂く。
程好い苦味がある、こっちの方が好みかな^^

相棒が買って来た99%のもあるので、食べ比べるのが楽しみ。

06.水無月 壱日

夏の味? 練乳いちご味 仄かな苦味



代休の相棒を誘い、緑化公園へ行くことにした。
ウキウキと駐車場へ下りると、まさかの御仁とご対面!!
...先日見掛けた個体と思しきニホンザルが車の上に寝そべっていた(汗)
つい物珍しさでカメラを向けたのが拙かったらしい。
刺激してしまったようで、向かって来た。
我が家の車の上を行ったり来たりして暫く威嚇していたが、
此方が目線を外し車に逃げ込むと、気が納まったのか離れて行った。
後からやって来、気付いた小父さんに写メを撮られている内に飽きたのか、
山の方へ向って行ったのだが・・・。正直、ちと心臓がバクバクになった(滝汗)

こういう「人馴れ」の仕方は非常に危険な気がする。
若く血気盛んそうな雄に見えたので下手に刺激するとヤバそうだ。
大人はまだいいが、もし子どもや老人に被害が及ぶ様な事になったら怖い。
こんな場合は何処へ連絡すればよいのだろう・・・?

始まりがこれで、昼に食べたパスタがやたらと塩っ辛くて
...何だか厄災だなぁとげんなり。

有難いことに向った先の公園で思う存分、季節の花や森林浴を楽しめ、
帰る頃にはすっかりスッキリと気分は回復したのだけれど。
コガクウツギのむせ返る程の甘い香り、見たいと待ち望んでいた山法師の花、
金平糖のような蕾が可愛らしいカルミアの花...etc。元気を貰って帰って来た。

明日から新しい月が始まる。引き締めて行かないとな。

06.皐月 参壱日

山よりの再訪者 山法師 カルミア

広島の友人の案内で、西広島近辺を散策。
今時期は道端の植物たちも可愛い花を咲かせているので
ただふらふらと歩いているだけでも飽きず楽しい^^

帰宅し、写真の整理。
結構な枚数を写したものだと思わず苦笑してしまった。
upしたいものは多いが、その中からということで・・・。

上右の小さな蟹(体長2cm弱)が、たまに潮招きしてるのを
間近で見れて、にへへ♪となった(笑) 海の近さに感謝。

今日もほんに好いお天気だった。
明日の空はどんな模様なのだろうか?

06.皐月 参拾日

昼寝前(なぁに?) 道端にて そのまま、夏みかん(ゼリー) 潮招きし者
シロツメクサ 初夏限定品 三毛さん 夏の気配

昨夜地震があった。
ジャワ島の被害状況も日々辛くなる報道が流れて来て、胸が痛む。
祈る事しかできないが、少しでも早く復旧が進むことを心から願う。

今朝の空には羊が列を成し歩いている様な雲の群れが並んでいた。
まるで川面に映るような上下揃っての姿が楽しくて、一枚パチリ♪

雲の流れは一日ずっと途切れることは無かった。

06.皐月 弐九日

旅団

やりかけの縫いものを進めつつ、食後の珈琲でまったり。
明日からは暫く青空が望めそうなので、足りない部品を仕入れに
少し離れた手芸店まで自転車を走らせる予定。久々の遠出だ。

此処のところ、かなり出不精で最低限の範囲しか出歩いていないから
体力が相当衰えていそうな気がする(汗) 日々精進の心を忘れずに^^;
風邪も漸く治ったことだし、暑い夏に向け軽く体力を増強しなければ。

苔生すにはまだ早く、未熟過ぎるからね(苦笑)

06.皐月 弐八日

故郷より〜博多通りもん☆

夕刻、買出しに行ったスーパーで懐かしい歌が流れていた。
♪〜月が出た出た〜♪の「炭坑節」。盆踊りにこの曲で踊ったっけ。
・・・でも、何故に広島で?と訝っていたら、謎が解けた。
九州・沖縄食品フェアの演出だったようで(苦笑)...ベタだ^^;

そこで「おきゅうと」を見付けて大喜び♪
マルタイの皿うどんも買い、夕飯にたっぷしの野菜を乗っけて頂いた。
でへへ。。。♪ 懐かしくておいしい故郷の味がした。

06.皐月 弐七日

故郷の香りする夕食 おきゅうと♪
海の羊羹...
かな(笑)

二週間遅れで故郷の母宛に母の日のプレゼントを送った。
雨が小降りになった夕方に最寄の郵便局まで出掛け、手続きを済ませた。
折り良く集配車に間に合ったので、明日には届くらしい。助かった^^

その帰り道、数匹の猫と遭遇。
喧嘩中なのを邪魔してしまったようで、睨まれた(汗)

晴れの日とは又違った魅力を感じる雨の日の散歩。
雨粒が彼方此方できらきらと輝いて、とても綺麗だった。

06.皐月 弐六日

雨の合い間に 小さな小さな花 蛇苺

相棒を送り出し、今日もよい天気だなぁ〜♪と景色を眺めながら
洗濯物を干して居ると、コンクリートの崖に動くものを見付けた。
猫と違うそれは、何とニホンザル!
人家のこんなに近くまで出て来るとは。思わず、デジカメを取りに走る(笑)
木陰でごそごそし、朝日の日向ぼっこを楽しんだ後、ゆっくりと帰って行った。
通勤時間帯なので、人間と出遭い騒動にならなかったかと少し心配になった。
それにしても、山は食料が少ないのだろうか?
今日は燃えるゴミの日だから狙っての出て来たかもしれない。
カラスは以前から距離感が狂い始めていて気になっていたけど、猿までも?
近くの畑が猪や鹿に荒らされたと聞く事もある土地柄だけに、共存の仕方を
考えさせられる朝の出来事だった。山への散歩が行き難くなりそうだ・・・。

本日やっと歯の治療が完了。
これで不自由無く硬いものが存分に食べられる(笑)
二週間振りに揃った歯はちょっと違和感。・・・大事にしなきゃね。

歯科帰りに夏の顔を見付けたので写して来た。
今年は実家のドクダミ茶を飲めるかな。ちょっと期待していよう^^

06.皐月 弐五日

山からの来訪者
朝のお散歩・・・?
小判草 ドクダミ

写真の整理と共に、旅日記を少しずつ纏めている。
心趣くままに大雑把な計画の旅ばかりだなぁと、我乍ら笑ってしまう。
日々の生活もボクにとっては同じ様な感じの気もするのだけれど・・・。

昨日の買出し先で見付けたペルー生まれの編み指人形とブレスレット。
文化の違いに触れ、その国に思いを馳せるのも小さな旅かもしれない。
インカやアンデスは憧れる土地のひとつ。いつかは旅してみたいな。

06.皐月 弐四日

ペルー生まれ ペルー生まれ

昨日から読み始めたハリー君の新刊『ハリー・ポッターと謎のプリンス』読了。
前作を読んだ時も雨だった。
雨音を聴きながらだと物語の世界にとぷんと沈み込める。

読み終わり、雨上がりの空がきれいな夕刻に買出しに出た。
夜を迎える前の海のような空に見惚れ、暫く見上げて居た。

06.皐月 弐参日

ハリー君新刊 引き陽
面白くて眠れない(汗)
無事読了。
うぅ〜ん...ジタバタ。
ダバダバダハァー・・・(感想)

重ね重ね、植物って凄いと思う。
根っ子だけ植えた葱が花開き、株分けしたミントも元気に増殖中。
無精さ故に放っぽらかしな世話しかしないのに、目を潤してくれる。

そんな中、心配なのはアブラムシが中々取れないラベンダー。
日々、手を木酢液臭くしつつ撃退を試みているものの、一進一退てな感じ。
(珍しく小まめに頑張ってる次第)

自分が好きで始めた事だから、克服するしかないのだが(汗)
頼むから青虫クン、香草系に付かないでくれ給い・・・(無駄な殺生は御免です)

06.皐月 弐弐日

強き生命 ベランダ・グリーン ミントたち

もうダメかな...と思っていた鉢植えが、元気に芽吹き始めた!
枯れた原因が解らず仕舞いだったから、嬉しさも一入。
今度は大切に育てないと。

いつの間にやら根を張っていたカタバミ(左)
抜いてもいつの間にやら増えるのが困りもの。
でも黄色く可愛い花を咲かせるので、ついつい残してしまった。
・・・大繁殖しなければ良いのだが(苦笑)

ベランダに広がる小さな緑たちに囲まれ、幸せなひととき。

06.皐月 弐壱日

カタバミ ピレア 金柑

一週間振りに嬉しい青空の一日。
山の様な洗濯物をやっつけて、涼しくなった夕刻に散歩に出た。

ふんわりと良い香りに誘われて行くと、その元は白い花。
沢山のハナムグリや蜂などが蜜を吸いに集まり、何とも賑やか^^
柑橘類の木だと思うのだけど、花ぶりが結構大きい。
知らずに蚊に喰われたけども、長雨の湿っぽさからスッキリと開放された。

これから様々な虫たちが動き始める。ちと楽しみ^^

06.皐月 弐拾日

甘く香る花 雨明けの青空

雨足が弱まったようなので、散歩に出ようと準備をしていると大雨の音。
何だかなぁ・・・(苦笑)
仕方が無いので部屋の片付けなぞをゴソゴソと。
ポトスの成長に驚いたり、ベランダに出て深呼吸すると緑の匂いが
濃くなったのに気付いたり・・・確実に季節は巡っている。

そろそろ植替えとお手入れを本格的に始めなくては。

06.皐月 壱九日

うぅ〜ん・・・熱の後は、酷い鼻詰りで耳までよく聞こえない有様(汗)
纏わり付くほど湿気はあるのになぁ・・・^^;
本調子に戻らないもどかしさにちと苛々していた時、荷物が届いた。

ハリー君の新刊と大好きな未森さんのアルバムだ!!
先刻までの苛立ちがしゅわわと解けた。・・・我乍ら単純だネ(笑)

06.皐月 壱八日

心の栄養

やっと熱が引いたので、鰤大根を煮込む間にひとっ風呂浴びる。
ん〜〜〜〜!! 爽快っ☆ ・・・やっとこ人心地ついた。

丸一日まともに調理できなかった分、今晩は少し気合の入れ直し。
[献立]鰤大根/胡瓜と海草いろいろ(ワカメ・もずく・めかぶ)の酢物
ホウレン草添え冷奴/もやしと豆腐・人参としめじの味噌汁

野菜たっぷし♪ これで風邪を撃退するぞ!

06.皐月 壱七日

しっかり晩ご飯

この一週間ばかり夜更し続きと行いが悪かったせいだろう。
法事や猫との燥ぎ疲れも重なり、終日微熱が続いた。
昨夜の咽喉の腫れと首肩の異様な凝りは大分治まり、楽になった。
食欲だけは失せない体質だから、栄養のある野菜を中心に確り摂ろう。

「旅の日」だというのにね・・・(苦笑)
五月雨降る数日は、暫く夢うつつの世界を行き来することになりそうだ。

06.皐月 壱六日

大丈夫?

帰る前に友人に挨拶がてら、昨夜会った新顔ちゃんの姉兄の顔を見に寄る。
ぅ・・・四匹居るとこれは又これで可愛い♪(蕩け・・・笑)
母猫のちーちゃんにも挨拶。元気そうで良かった^^
何枚か撮らせて貰い、お盆の再会を楽しみにして広島へ。

・・・新顔ちゃんに会え、ボクも燥ぎ過ぎたようで...風邪引いてしまった^^;
それでも帰りにちょっぴり買い食いを楽しんだけど(汗)

バファリン飲んで、大人しく寝よう。

06.皐月 壱五日

きょうだい SAのお楽しみ♪〜小龍包

亡くなった義祖父の一周忌。
昨夜までの雨も上がり、朝からきれいな青空が広がる。
庭では石楠花や牡丹・薔薇が良い香を放ち、蜜蜂が賑やかに仕事をしていた。
麗らかな一日でほんに良かった^^

一段落して、義母と義祖母に母の日のプレゼントを渡す。
しっかり疲れを癒して下さいナ☆

夜は四ヵ月振りに友人宅へ遊びに行き、お好み焼きパーティー♪
材料調達に出ると綺麗な夕焼け空で友人と二人カメラに収めた。
友人手製のお好み焼きを頂きつつ、新顔ちゃんと遊ぶ。
・・・やぁ、可愛いの何の!(笑)
燥ぎ過ぎたのか、帰る頃にはぐっすり夢の中へ。
あぁ、楽しかった^0^

06.皐月 壱四日

庭の石楠花 母の日gift 母の日gift
友と歩いた夕空 お好み焼き de night! 遊び疲れて...zzz

リーフレットに興味を持ち、スタンプショウに足を運んでみた。
旅先から葉書を出すのに面白い切手が無いかなぁ?と。
切手や葉書の歴史や時代を反映した図柄の切手の展示、古切手商、
現在では販売されなくなった切手の販売スペースなど等結構な人出。
ちょっと懐かしの切手を数枚購入し、会場を後にする。

一周忌の手土産に頼まれていた紅葉饅頭を求め、にしき堂さんへ。
此処の八種類入りがお気に入り♪
頂いた出来立ての粒あん紅葉を頬張りつつ、飾ってあった桜ん坊をパチリ。
ほわほわの温かさに和んだ雨の午後。

06.皐月 壱参日

産業会館 スタンプショウ 広島土産を買いに

ずももっと天に向かい育った棕櫚の木に花らしきものが付いていた。
下からだとこんな感じ。葉は扇、花は王冠みたいだ。

「あやめ」か「しょうぶ」か・・・漢字は同じで『菖蒲』(笑)
呼び名が違うだけなのだね。面白いな^^
赤紫色のペトッと平ペったい部分がどうも蕾らしい。
どんな風にあの形になるのか、過程を見てみたい。

植物もやっぱり不思議だ。

06.皐月 壱弐日

空に舞う扇〜棕櫚 変幻前

一日振りに広がった青空。
久々に皐月らしく清々しい風に、軽く転寝したりして^^

洗濯物もよく乾いた嬉しい晴れ日。

06.皐月 壱壱日

数日振りの五月晴れ 白朧 若紅葉

一時、洪水警報も出た大雨の日。
風通しに窓を開け放つと、纏い付く湿気と水の臭い。
ゆらり、金魚の気分 〜水の世界に思い馳せた。

06.皐月 壱拾日

連休明け早々、虫歯の治療へ。
手短に済んだので食材を仕入れに特売日のスーパーへ^^
待合の間に雑誌で見た餃子がおいしそうで・・・
気付けば材料を買い込んでいた(笑)

名は知らぬが垣根としてよく見る木の花が沢山の小さな蕾を付け、
線路脇の金網沿いの畑ではサヤエンドウがたわわに風に揺れていた。
(おいしそうだなぁ...と思いつつ、携帯電話のカメラで撮る^^;)

陽射しがまだ少しだけ春の柔らかさを残した、初夏の或る日。

06.皐月 九日

鮮色対重 小さなこぶし ゆらら。。。

空を覆っていた雲が少しずつ晴れて行く朝。
けれど終日、蒸暑〜い空気が流れ、軽くへたり気味(苦笑)

爽やかな新緑の季節は何処へ・・・

06.皐月 八日

湿り雲

桜の記憶薄れぬ内にと、サイトの更新をごそごそ。
見易いサイズというのは意外と難しい。

触れた時間を思い出しながら、桜を感じていた一日。

06.皐月 七日

昨日歩いて直ぐの場所に佐世保バーガーのお店がopen!!
お昼にいそいそと足を運んでみた^^
佐世保直送のバンズの数が決まっているそうで、一日100個限定。
注文を受けてから作り始める為、待ち時間も考えて頼むのが佐世保流らしい。
大盛況な様子で一時間弱待ったけど、とてもおいしくて満足♪
一般のバーガー屋のものより一回り大きめだが、ぺろりと食べられる。
次回はスペシャルバーガーにしてみよう〜^-^

そう言えば本日は『立夏』
つい先日まで桜だなんだと話していたのにね。
益々緑が濃くなり、草いきれのする夏になる。楽しみだ^^

06.皐月 六日

佐世保バーガーin広島

遠出の予定でした早起き。
でも何故か気が変わり、近場の緑化公園へ出かける事に。
『こどもの日』と晴天が相俟ってか、家族連れも多く賑やか^^
昨年訪れた際には気付かなかったが、アスレチックコースもあるらしい。
次回は少し早出して遊んで行こう♪

甘い香りの藤棚の下で仕事中の蜂たちの羽音を聴きつつ、遅めのランチ。
風や陽射しを感じながらの食事はやっぱり格別。
すぅ〜っと溜まっていた凝りなぞも抜けて行く気のする(笑)
新緑を満喫し、開花情報にあった『ハンカチの木』の花に合い公園を後にした。

食材調達に寄ったショッピングモールも中々の人出で、楽しいイベントもちらほら。
人込みは苦手だけれど、建物の緩やかな曲線はちょっと気に入っている。
気のせいかこういう場所は時間の流れが少し違っているような・・・。
気付けばもう夕闇時。さぁ、帰ろう。


06.皐月 五日

ハンカチの木 曲線〜 shopping-mall balloon magic

二日続けての外出だったので、本日は家の事をして過ごす。
あれもこれもと洗濯し、ざっと掃除機を掛けて後はのんびりと読書を。

夕飯に、昨日買った『地元品』の広島辛々つけ麺を野菜たっぷりにして頂く。
味も気に入っているが、お祭りサービス価格&未入手品という事で即買い^-^
辛さ調節の辛子を1/3程掛けて食べてみる。
辛い!! 暫く汗引かずになっちゃったよ...好きだけど弱い^^;;

辛さを和らげるのにヨーグルトと茶菓子に庄原で求めた乳団子を少し頂く。
はぁ・・・やっと落ち着いた(笑)
たまにはこんな取り合わせもよろしいのでは。

06.皐月 四日

つけ麺いろいろ 野菜盛辛麺 庄原産みるく風味
絵柄も可愛い乳団子^^→

広島では今日から三日間、フラワーフェスティバルが始まる。
今年で30回目という事で昨年とは少し異なり、夜の部もあるらしい。
そんな訳で、神楽とキャンドルナイト目当てに午后から出掛けた。

広島駅からちょこちょこと立寄りと買い物をしつつ、会場を目指す。
キャンドルナイト会場・平和記念公園へ先に足運びしたものの、点灯時間を考え
急いで神楽の会場へ移動(汗) 既に人集りが出来、動けぬ状態で始まりを待つ。
待つ事30分・・・演奏者たちが登場。
囃子に乗せ、次々と人物たちが現れ、舞い、口上する。
想像以上に激しい動きと場面展開の速さ、囃子の小気味良さが楽しくて仕方ない。
会場もやんやと拍手喝采で、本当に良いものが観れた^-^

興奮冷めやらぬまま、静かに美しい夜の公園へ再び移動。
調べと共に変わるライトに照らされ浮かび上がる原爆ドーム。
雲の無い晴れ渡った夜空に放たれる光の筋と、川面に映る灯りたちの揺らめき。
そんなものに見惚れつつ進み、キャンドルの受付を済ませメッセージを書いて点火。
沢山の想いや願いを込めた小さな明かりの群れの中をゆっくりと歩いた。
「世界の人々の心がこんな風にずっと穏やかであれば、よいな。」
そんな事をふっと思った夜。

06.皐月 参日

神楽 de night flower night festival flower candle message
flower candle message flower candle message flower night festival

大樹に合いに、今度は比婆郡千鳥別尺へ。
今回は青空にくっきりと映える姿に見える事ができた。
周りの田圃は水が引かれ、田植えを待つばかり。
彼方此方から蛙の合唱が聴こえ、とっても長閑^^

仰いだ姿も水田に映った姿も風に揺れる様も壮麗で溜息しか出ない。

1時間程、色んな角度から眺めてからやっと腰を上げた。
足元にはたんぽぽ、菫、菜の花、水仙...etc。
桜の見納めと移り行く季節に満足した一日。

06.皐月 弐日

千鳥別尺の山櫻

風薫る五月の筈が・・・蒸暑い始まりの日(苦笑)
部屋を抜けて行く風も生温く、空も靄って今ひとつスッキリしない。

街路樹の花水木の花が綺麗で、暫し観察。
色んな色があるんだな^^
気温はともかく、、、風に揺れ、陽に透ける新緑に癒された午后。

06.皐月 壱日

風花 透ける陽射し