つらつら〜気侭、気紛れ日記


* 先週土曜日に訪れた岩国の旅記をupしました。
一月には行かなかったお城へ足を伸ばし、徒歩にて下山。
大した距離では無かった筈なのに、翌日は酷い筋肉痛に襲われました(汗)

こういう時は嫌でも運動不足をハッキリと認識させられ、情け無さに溜息ひとつ。



本日はハロウィーン。
出先にもこんな飾りがあったりと雰囲気だけは出してあるけれど
お祭りとしては今一つ浸透しきれていない気もしないではない。
『Trick or Treat !!』なんて口にしながらバッチリ仮装して
お菓子を貰って回るのは、とても楽しそうなのだけどね。

日本の妖怪たちも今宵は宴と洒落込んでいるかもしれませんね?

06.神無月 参壱日


お菓子くれなきゃ、悪戯するぞ!!


秋深まる頃なのに、まだまだ元気に花を付けるレースラベンダー。
そのままだと株が弱るので刈取り、水に挿して居間に飾った。
眠りを誘うのとは少し異なる香りを放つ小さな花たち。

薄紫色の姿で静かに和ませてくれている気がする。

06.神無月 参拾日


薄紫の和み


昨日からの二日間、ちょっと歩く公園で収穫祭をやっている。
行こうか迷ったが、昨日も外出したので、本日は家でのんびり過ごすことに。
ただじっとしているには勿体無い天気なのも事実で...気分転換に隅々まで
掃除して、レイアウトを変えて・・・お蔭でスッキリ片付いて良い気持ち。

早目に夕飯の下拵えも済ませても、まだまだ優しい午后の陽の射す時間。
母様がわざわざ送ってくれた嬉しいお土産や只今読みかけの本を写して
ゆるやかな秋の昼下がりをぽのぽのと楽しみました。ぅむ。。。まったり♪

06.神無月 弐九日


読書の秋 沖縄土産♪


性懲りも無く、また岩国へ行って来ました。
季節的には来週以降の方が紅葉も深まり、お祭りやイベントも多いみたい。
それにしても、間も無く11月だと言うのに本日も日差しの厳しい一日でした。
腕捲りして歩いたので、またしっかりと日焼けしてそうです(汗)

06.神無月 弐八日


錦帯橋 岩国城


梅花藻の花だとずっと思っていたこれ。
葉の形が違うのが気になって調べてみたら、実はオオカナダモだった。
夏前から咲いているし別の種なんだろうな...と薄々思っていたけれど(苦笑)
よぉーく見てみると、幼い頃に金魚と一緒に世話をしていたあの藻と同じ。
川に流れるその長さは1m以上・・・こんなに育つものなのか(汗)
花は小さくて可愛らしいのが、ぽこぽこと咲いている。
葉陰は小魚たちの恰好の隠れ家で、静かに覗き込むと色んな魚が居る。
外来種で関東以南では帰化してしまった植物だが、これも自然環境のバロメーター。
瀬野川は水が澄み、悪臭を放つことも無く流れに身を任せている。

ずっとこの環境が保たれると良いなと思いつつ、サイクリングを続けた。

06.神無月 弐七日


川面に咲く花


毎年参加しているボランティア・パペットのデザイン&型作りを
ぼちぼち始めなくちゃな〜と考えつつ、何故かサイトの改装工事。
取り合えず工事は一段落付いたので、週末から制作開始の予定。
暫くは其方に掛かりきりになる為、更新は更にスローペースになりそうです。

06.神無月 弐六日


スローライフ


今月は遠出が多くて、身近な季節の移ろいに出会う機会が少なかった。
そんな訳で今夕、郵便を出す序でに山の畑方面へ散歩してみた。
お気に入りの夜景スポット(個人的に。笑)で、いつ行っても癒される。
空を遮るものの無い空間は何て心地良いのだろう♪

昼と夜の色が溶け合う空を背景に柿の木を一枚パチリッ!
やっぱり「ほふっ。。。」と溜め息が出た。

06.神無月 弐五日


夜が来る


*
そろそろ模様替えなぞを考え、昨夜からごそごそと部分的に改装を始めました。
あーんな風やこんな風に。。。とやってみたいカタチはぼんやり見えているのですが
何せ技術はなく勉強もサボり気味だったので、思うように形作るのが中々難しい。
見易くシンプルに〜を目指して、ちょこっとずつ進めて行こうと思っています。



朝食の支度を終え、ふと外に目を遣ると薔薇色の空。
うわぁ〜〜〜!!!とデジカメを取りに走り、収めることに成功☆
刻々と変わるその表情を眺めて楽しんでいるとメールが届く。
沖縄へ旅行中の母上からお土産確認のもので、思わず脱力(笑)
幾つかリクエストしておいたので、わざわざそうしてくれたようなのだが
その彼女らしい気遣いがとても嬉しい。・・・シーサーの置物も追加で依頼。
何よりも元気で毎日を楽しんでいる様子を垣間見られて、此方まで元気になる。
次回会う時の土産話がとても楽しみだ♪

それにしても雨が去ってから急激に季節が入れ替わりつつある。
室内の温度差も相当なもので、作業部屋のある北側と居間のある南側では
北風吹き荒ぶ崖とお天道さんぽかぽかな草原位の差がありそうだ(苦笑)
風が余りにも強く冷たくて風通しに開けていた窓を閉めてしまった程。
今年は作業部屋で動くことを頭に置いて、暖房やらを考えなくちゃ。

06.神無月 弐四日


薔薇色の朝


目覚めて窓を開け放つと爽やかな風が通り抜けた朝。
...ありゃ? もっと降ると思っていたから、ちと拍子抜け(笑)
霜降でもあるので冷え込むかと思いきや日中は妙に蒸し暑く苦笑い。
でも風がとても気持ち良かった〜。

久し振りの雨に洗われた大気は澄み、ずっと靄り気味だったベランダからの
眺めもとってもクリア。正面の山がクッキリと見えたの何日振りだろう...?

こんな日は部屋の掃除もはかどる訳で・・・スッキリと整理できてニッコリ。
冬の足音が近付く前に細々と片付けを済ませてしまわねば・・・

06.神無月 弐参日


洗われた空 車天井鏡


サイクリングへでも出るか?と話していたけれど、午后から
怪しい雲行きになったので、本日は家にてまったりモード。
ごろりと寝転がって本を読んでいたら、いつの間にか眠ってた。

世羅で買ったベルギー麦酒を夕食の時に頂いた。
キリリとした辛口。おいしかった♪

静かに降り始めた雨は明日いっぱい大地を潤すらしい。
一層秋の深まる予感。

06.神無月 弐弐日

ベルギー麦酒で一杯♪


実に一年振りに訪れた岡山・美作にある現代玩具博物館。
お天気にも恵まれ、片道四時間の道程も楽しいドライブ♪
...運転する相棒にとっては又しても肩凝りの上乗せ(苦笑)

今年はやはり暖かいようで館周辺にはまだ紫陽花がちらほらと咲いていた。
今回の目的は久々の糸鋸体験。
先日、誕生日プレゼントをくれた友人へお返しに手作りの品を贈りたく
この機会に作る事にした次第。・・・数年振りに糸鋸を扱うのでちと緊張。
けれど作業を始めてみれば、身体は覚えているもので楽しかった〜〜!!
ご近所迷惑にさえならねば、家にも一台欲しい電動糸鋸であります。

残りの時間はオルゴールの演奏会や企画展の鑑賞、プレイルームで
玩具やゲームで遊び、あっと言う間に日暮れの閉館時となりました。
次回はいつ来れるだろう・・・?

今回も地産のお野菜を沢山買って帰りました。
白菜の季節になったのかぁ...鍋がおいしい時期突入です。

06.神無月 弐壱日

現代玩具博物館 岡山産^^


一年振りに宮島へ行って来た。
生憎の曇り空。でも涼しくて逆に過ごし易かったかも。

目的の水族館だけでなく、干潮の厳島神社とその周辺も楽しんで来た。
神社ではこの夜に太鼓のライブ、明晩に東儀氏のコンサートが行われ
月曜日には皇太子さんが訪れるとの事。道理でヘリが煩かった訳だ。

楽しいことや興味深かった事など沢山あったので別記に纏めることにします。

06.神無月 弐拾日


厳島神社 スナメリのコハルさん
紅葉で一服。


昨夜、日記の更新を進めていて気付くと朝(汗)
夜空には細い三日月。三十分位は眠ったのかな...。
気持ちが昂っているのか、その後一睡もせぬまま一日が過ぎた。

先日、着物屋さんに忘れ物をしたので、それを受け取りに外出。
今日も日中は半袖でも汗ばんでしまう陽気。・・・ほんとに秋半ばかしらん?

それにしても、目的地の入っているスーパーが十周年だとかで
記念セールを開催中で食料品売場はかなりの混みよう。
。。。忘れ物を受け取り、ふと足を運んでみる。
途端に主婦モードになり、あれやこれやと買い込んでしまった。
暫くは肉類の心配をしなくて済む(笑)

予想外に重たくなったリュックを背負いつ、脇道細道に入りワクワク。
海田市駅周辺の昔ながらの静かな住宅街は猫率が非常に高いのだ。
案の定、数匹の猫たちとご対面。
だけど微妙に距離を置かれてしまうのが悲しい・・・。
かなーり執拗に写真をお願いしたこの黒猫さんは、プィっと姿を晦ませた。
・・・ゴメンよ。

06.神無月 壱九日


何か用? 足元に夕焼け

綺麗な朝焼けの空。
近頃靄っていることの多い朝なので久々に見れたのかな?
奈良の住処と較べるとやはり町なんだろうなぁ...灯りが多く、星が遠い。
空との距離もやはりちと遠い気がする。空気の澄み方も違うのだろうけれど。
。。。ちょっと奈良に里心でもついたかな?(笑)

空は何処とでも繋がっているのにね。

06.神無月 壱八日

朝焼けの空

相変わらず出不精気味で運動不足もえぇ加減な感じなので
普段は自転車を使うスーパーまで歩いて行くことにした。
まだ裸足に下駄履きでも寒くなく好い季節。カラコロ鳴らして進む。
目的地は線路を渡った側にあり、其処へ向う線路沿いには小さな畑が
続いていて、季節毎の草花や実りに出合えるのも楽しみの一つ。
今時期だと色取り取りの秋桜が見頃で濃淡のピンクに真っ白、オレンジに黄色と
見ていて飽きる事が無い。ほんに秋の薄青の空に映える花だなぁ♪
暫くぼへぇ。。。と見惚れていたら、風に吹かれて花弁がぽろぽろぽろと散って...。
実は散り方をよく知らなかったので、ちと吃驚した(笑) 新しい発見☆

結局、何やかやと買い込んでしまい帰りは少しだけ足が重たくなる。
妙な歩き癖でもあるのか、右足だけ鼻緒が食い込んで皮が剥けてしまった(泣)
そんなんなりつつも道草してしまうもので。
エンゼル・トランペットの芳しい香りにふらふらと引き寄せられて一枚パチリ!
見上げた陽の傾き始めた空と同じ色をしていました。

06.神無月 壱七日

ぼやけた夕暮れ

洗濯物を取り込もうとベランダへ出、思わずデジカメを取りに戻る。
夕陽と夜空が溶け合って段々と変わって行く様を少しだけ収めて。
雲の無いこんな空も綺麗だ。

夕食の準備をしていて思わず笑んでしまった。
半分に切った紅と緑のピーマンが燥いでいる気がして。
賑やかに食卓を飾ってくれる野菜たちが、ほんに愛おしい。

06.神無月 壱六日

溶け合う空 賑わい

今日は秋祭りのとりの日。一昨日に園児、昨日の子どもに続き
朝からお神輿担ぎの威勢の良い声とお囃子が聴こえて来る。
そんな音をぼんやり聴きつつ、ついつい二度寝を・・・。
家の事をのんびりと片付けてから、ゆるりと神社へ足運び。
昨年の人の多さを想定して出掛けたのだが、今年は身動き出来ぬ程でも無く
とても良い位置からじっくりと獅子の舞いと階段を駆け上がるお神輿を見れた。

帰ってから栗を水に漬け、待つこと三十分。
鬼皮はすんなりと剥けたけど、渋皮でひと苦労。
相棒に応援を要請して四十個を無事剥き終え、ほくほくごろろの栗ごはんが完成♪
この秋初の金色の実は、と〜っても甘くて食べ応えがありました。

06.神無月 壱五日

岩滝さんの秋祭り 栗*くり*クリ〜☆ ほくほくごろごろの栗ごはん♪

友人から借りたお料理漫画を読み、とてもおいしそうだったので初めて
「ラタトゥイユ」なるものを作ってみた。昨日野菜を沢山仕入れて来たし♪
簡単に出来て沢山の野菜を摂れるのでこれは中々に優れもの。
彩りもきれいで目でも楽しめて嬉しい一品。
同じく世羅産の“ぜったいうまい世羅のとうふ”と銘打った看板の
とうふ工房*千達さんのざる豆腐と共に頂きました。おいしかった〜!!

06.神無月 壱四日

彩り♪ ラタトゥイユとざる豆腐

昨年も足を運んだ世羅へ梨を求めてドライブ。
さすがに梨/豊水の時期は終盤で袋いっぱい買ってもお釣りが来そう。
梨好きの相棒は顔が緩んでた(笑。ボクも好きなんだけどね^^)

当初の目的があっさりと終ったので、今春オープンした世羅ワイナリーへ足を伸ばす。
道々、お陽さんに照らされ輝く金の稲穂がうっとりするほど綺麗で溜め息の連続。
青空と濃い色の山々、澄んだ空気・・・あぁ、贅沢な秋だねぇ!
ワイナリーは平日なのもあって、人も疎ら。
先月は収穫祭があったそうで結構な人出だったんじゃなかろうか・・・。
試飲スペースにて助手席人のボクだけフルボディの赤と甘口の白を一杯ずつ頂く。
むぅ...少し好みの味よりも甘いかな...。そんな訳でワインビネガーとヨーグルトソース
何故か品数豊富なベルギー麦酒一本を代わりに求め、麦酒のおまけにコースターを貰った。
写真を撮っている間に相棒が売店で何かを購入していたので、近付き貰う(笑)
「ハンペ」...見た目は鶏肉みたい。原材料は大豆。実にシンプルな味。
あっさりとしていてササミと言われても肯いてしまうかも。

そんなこんなで最後に情報誌掲載の豆腐屋さんへ。
此処でも数種の豆腐を味見させて貰え、その中で気に入ったざる豆腐と山芋入り
焼豆腐、朝搾り豆乳を求め、豆乳ソフトに舌鼓。お茶で一服の後、店を出た。

。。。すっかり日も暮れ、途中スーパーで食材の買出しを済ませて今夜は簡単に出来る
長崎皿うどんを(相棒が)作り、出来合いのおかずと共に頂いた。(ボクは摘みを作ってた。笑)
世羅の市場で求めた彩り野菜たっぷりのそれは堪らなく美味しかった〜♪
食後、丹波篠山の収穫祭で仕入れた枝豆を茹で、明日用と冷凍保存用に分け分け。

・・・体重計に乗るのが正直怖い、食の秋先行中です。・・・うーむ。

06.神無月 壱参日

世羅ワイナリー 黄金の稲穂 とうふ工房*千達
「ぜったいうまい
  世羅のとうふ」
  って看板が印象的。
丹波篠山名産♪
世羅ワイナリー おごっそう!(笑

今年も有難いことに何事も無く誕生日を迎えることが出来ました。
午前中、寝惚けていると荷物が。友人からの誕生日プレゼント!!
ワーイわーい♪ 何だろな。。。。。?
お楽しみは取って置く性質なので夜までお預けにして相棒と街へ買物に。
久々の街中なので必要なものを色々と買い揃えました。
来年用の手帳...ボクは数年前からずっとほぼ日手帳を愛用。中身の手帳だけ新調。
主婦業なのでおシゴトのスケジュールを書く事は無いけれど、出先で見付けた
事柄や何かで読んで気に留まった事なぞを書き留める落書き帳として使っている。
毎日記す訳でもないが、読み返すと意外と面白い。

はてさて...出来合いのお惣菜とササッと作った簡単サラダで夕食を済ませた後に
悩んで選んだ四種類のケーキを相棒と分け分けしながら、白ワインで乾杯〜☆
フルーツがたっぷり乗ったのよりもシンプルなブルベリ入りチーズケーキの方が
おいしく感じられたのがちょっぴり可笑しかった。ん〜、満足〜〜♪(笑)

鼻歌交じりで開けた友人からの贈り物は、可愛い額入りの絵でした。
先日京都で会った友人からのも開けて...細々と嬉しいものが入っておりました。
ほんにありがとう〜〜〜!! 嬉しさの余り、その夜はにやにやしっ放し。

他にもチャット友からもメールを頂いたりと、嬉しい限りでした。
心より感謝。ありがとうございます♪

寝る前に毎年している、産み育ててくれた母様に感謝のメールを。
中々面白い内容のお祝いの言葉を返してくれました(笑) ありがとね、母さん。

ふむ。一年を大切に過ごさなければなぁ...としみじみ思った本日でした。

06.神無月 壱弐日

ワクワク準備^^ 誕生日に甘いケーキを♪

この日の早朝四時過ぎに辿り着いたので、へろへろな一日(苦笑)
取り合えず、植物の世話と洗濯機のタイマーセットだけ済ませて床に着き
目覚めた時の空は少々曇りがちだが溜った洗濯物をやっつけるには充分で。
。。。結局、遊び疲れで眠りっ放し。
食事を作る気力も湧かず、お摘みとお菓子で簡単に済ませてしまいました。

先ず間違い無く、肥えてますね・・・うわぁ、後がコワイわ(汗)

06.神無月 壱壱日

ひと息吐く空 歯応え、にんまり^-^
顔サイズ・・・(ポン菓子)

久々の近畿なので今回は(も?)かなりの強行軍。
昨夕と今夕に奈良へ行き、今日の昼間は京都をうろうろ。
運転は相棒しか出来ぬので、相当無理をさせたなぁ...と少々反省。
彼のお蔭でとても充実した一日半となりました。

開門時間からすぐに南禅寺を散策。お目当ての水路閣にうっとり。
琵琶湖疎水に沿ってインクライン、かつての線路の上をと歩き、移動して
平安神宮近在のがま口屋さんへ。暫く品選びに没頭した後、東山三条にある
新たに立ち上げられた帆布カバンのお店の暖簾を潜ってエールを送り京都駅へ。
待ち合せた旧友と共にタワーを望めるレストランでランチ。
暫しお喋りに花を咲かせて(笑)... 元気そうで良かった^^
友と別れてからは相棒お目当ての電気街へ地下鉄で向い、運賃の高さに
ちとあんぐり・・・。バスも同じ位上がってたなぁ・・・。時が確実に経ってる。
馴染のギャラリーに顔を出した後、三条京阪近くの別のがま口屋さんへ向い
その途中に前から欲しかった青竹踏みを見付け即買い!荷物が増える一方(汗)
がま口の種類の多さに目移りしっ放しで選ぶのに一苦労(苦笑)
辟易する相棒を横目に悩んだ末に一つ選んで店を出た時にはすっかり夕焼け空。
駐車場までの道程は、広い通りに暮れて行く空に見惚れて歩いた。

ダダーッ!と纏めてこんな一日。
夜の奈良へは馴染の店のラーメンを食べる為だけに足運び・・・。
その位しても食べたかった一杯は、確り替え玉もしてしまった♪
んぁ〜〜〜、旨かった。ごっつぁんです!(笑)

そんなこんなの帰り道、ぱらりぱらりと雨に降られつ大阪の街中を過ぎ
かつての懐かしいドライブコースを通り貫け、あっと言う間に山間部。
眠気に襲われてはSAで仮眠を取りながらの長時間走行でありました。
相棒殿、ほんにお疲れ様でした。

06.神無月 壱拾日

南禅寺山門 南禅寺・水路閣 駅ビルと青空
京都メトロ 照り映え 梅田ビル灯り

午前中、相棒家族と共に天橋立を望める場所までドライブ。
連休最後の日とあってか土産物屋や休憩施設へ観光バスが続々と到着していた。
今回連れて行って頂いたのは、以前友人たちと旅した土地の反対側に当たる山。
兎に角傾斜がきつくて、よく車で進めるものだと感心してしまった程(笑)
時間が有れば汗掻きかき、秋の風を感じながら歩いて登るところ。
・・・ここ数日の過食気味の身体では相当へたばるのだろうけど(苦笑)

。。。余りにも美しくて、感嘆の溜め息が出るばかりの光景。
山の上だから風がきつかったけれど、それも爽快で!
ピィーヒョロォーー・・・と啼きつ、鷹か鳶かが心地良さげに翼広げて滑空。
とても良い目の保養になりました。


06.神無月 九日

成相山からの眺め
少し霞み気味だったのかな? こうして見ると天橋立が小さく感じられる。 *ココ↑天橋立

相棒の両親に連れられ、丹波篠山の味祭り(収穫祭)へ。
平素は静かなかつての城下町も今日はトンでもない人でごった返している。
昨日まで悪天候であったらしいから、その反動もあるのだろうなぁ・・・。
思わず「うへぇ・・・」と唸ってしまったけど、ボクもその一人になる訳で(笑)
美味しいものには自然と集まって来るものなんでしょう。

それにしても空が綺麗で、賑わっている此方を暢気に見下ろして笑っている感じ。
ぼんやりと見上げていたら足を踏まれてしまった(苦笑)
其処此処の屋台からほわほわとおいしそうな匂いが・・・猪肉ドッグ、黒豆ソフト
豆乳ドーナツ、黒豆入コロッケ、松茸寿司とうどん、仕上げに焼き草餅。
。。。ぷらぷらと歩き回っているとは言え、やっぱり食べ過ぎ。

お城や町並みを散策して行きたいのは山々なれど、人が多過ぎて見えない状態。
そんな訳でお目当ての黒豆枝豆と大粒の栗を買って帰りました。

06.神無月 八日

人込み避けて・・・ 篠山にて チンドン行列
篠山は城下町。
古い町並みも魅力的。
でもこの日は人多過ぎ・・・汗。

曇り空から少しずつ陽が射し始めた正午前、相棒の故郷へ出発。
昼時と言うのもあり福山SAで色々と買い食いを。
お魚コロッケ、穴子天、ガラ天、ニシ貝の塩焼きと焼きおにぎり
・・・ウゥーン、油物ばっかり。久々なので妙においしい(苦笑)
半分ずっことは言え完全にカロリーオーバー。
その上、バラのソフトクリームまで確り食べてしまった。
珍しいものやご当地食材に弱いんだよなぁ・・・(汗)
お味は甘いパフュームを食しているようでした。
初めにバラの香りが、後から甘さがやって来る感じで...ウゥム。
一口貰った相棒のモンブランソフトの方がおいしかったぞ(笑)

北上するので雨雲と追い掛けっこする道行。
降ったり止んだり、最後に立寄った龍野西SAで見上げた空に天の階。
もう間も無く到着という辺りで虹も見られて幸せ〜な気持ちになった♪

夜、友人のお宅にお邪魔して泊りがけでお喋りやら酒呑み交わし。
前回遊びに来た際に会った仔猫はすっかり大きくなっちゃって・・・
遊んでくれた後、彼は買物袋に入ってまったり。。。。可愛いのぉ♪

友人宅でほくほくと過ごした夜空には満月が浮かんでおりました。

06.神無月 七日

福山SAにて 袋入り息子 満月の夜
モンブランとバラ 追いかけっこの後に

びょうびょうと吹く風に、押し流されて行く雲。
同じ表情の長続きしない今日の空。
日暮れ時にずももももも。。。っと集団で押し寄せた雲の幕も
いつの間にか掃われて、仲秋の名月が静かに輝いていた。

・・・ぁ、月見団子を準備するのを忘れてた(笑)

06.神無月 六日

仲秋の名月

数ヶ月前からあった眉間のしこりが遂に暴れ出し、腫れてしまった(泣)
いつもなら自分で処置するけれど、今回はできた場所が悪い。
渋々病院へ足を運び、治療して貰う。・・・思ったより長引きそう。

目の上の絆創膏を気にしつつ、ベランダから眺めた景色は
目まぐるしく動いていた。 明日は晴れると好いな。

06.神無月 五日

雲流る

午前の内に用事が済んだので、昼過ぎから筆の里・熊野へ。
筆の里工房にて片岡鶴太郎展の鑑賞や筆作り見学の後、少しだけ町を散歩。
きらきらとした秋の色に溢れた風景に和みつつ、猫に遊んで貰ったり
神社の森に深呼吸したり...要らん力が抜けた。今日も好い一日だった^^

06.神無月 四日

セイタカアワダチソウ

本日到着の品を待ち、過ごしていた半日。
なかなか来ぬので、待ち草臥れて一時ばかり昼寝した(笑)

けれど「待ち時間」の間に色々と済ませる事が出来たから
これはこれで良かったのかもしれない。部屋がスッキリ♪

昼間の風が凪いだと思ったら、日暮れ時は雲の無い空だった。
そんな空に綺麗に映える月が浮かんでいた。
もうすぐ満月だね♪

06.神無月 参日

陽の端

初めてのお着物とそれによる筋肉痛等で、ぽぉ。。。となっている間に
カウンターが5000を越えていました。 。。。ほんに嬉しい限りです☆
いつも遊びに来て下さって有難う御座います。心より感謝を♪

明け方まで降り続いた雨も漸く上がり、雲間から注ぐ陽光に思わず笑顔。
山積みの洗濯物を洗い、掃除機をかけ、少し冷たい風を通す。
秋らしくなったなぁ・・・と、ちょぴっとしんみり。

午后から少しだけ相棒とお出掛け。
以前から首・肩の凝りが酷かった上に先日の件もあり、手揉み屋さんにて
軽くマッサージをお願いすることに。痛いけど気持ち良くてウトウト・・・。
終わる頃には顔にくっきりと枕の跡が付いてて、トホホな状態(苦笑)

身体の軽くなった帰り道、やっと晴れた空と白い雲が眩しかった。

06.神無月 弐日

しゅわしゅわ雲

静かに降る雨は外気をまた少しだけ冷した。
半袖半ズボンではそろそろ肌寒く、秋の衣更えをしなくては。

今朝目覚めると、やはり体中がギシギシと悲鳴を上げていた(苦笑)
昨夜のストレッチが効いたらしく、思っていた程酷くはなかったけれど。

何だか今日は、とても眠たい。

06.神無月 壱日

今夏初め頃、実は一つ大きな買物をした。
四十路を越したら始めてみたいと思っていた着物。
縁有って生まれ干支の今年、惹かれる反物と出合い仕立てる事に。

本日は着物パーティーに参加。
着慣れぬだけに初めは苦しく感じていたけれど、時間が経つと
不思議と背筋も伸び、楽になるもので...。面白いなぁ(笑)
中々、有意義なひと時を過ごせて満足満足。

平素余り緊張させてない筋肉をしっかり使っていそうなので
明日の筋肉痛が少しだけ心配。・・・動けるだろうか?・・・

06.長月 晦日

お庭散策

午后から用事を済ませに出掛ける。
出しなの射光は、帰る頃には雲に隠れて優しくなった。

瀬野川沿いを水鳥たちをぼんやり眺めつ走り、嬉しい発見♪
梅花藻の白い花が咲いていた。
残念乍ら、手持ちのデジカメでは余りきれいに撮れない距離。
その分、ぽへぇ。。。と暫く堪能して来た。
・・・まさか、翡翠に逢えるとは。そんなサプライズも隠れてた。

水辺には秋の草たち。
まだ若い黄緑色した、くっ付き法師が沢山。
数ヵ月後に訪れたら、きっと山程お土産になるんだろうな(笑)
そんな事を考えつ、その後ご近所の山巡りして帰った。

06.長月 弐九日

もこもこの空

写した角度が微妙にずれてしまったけれど、今夕の空。
雲押し寄せる日暮れ時。
洗濯物を取り込みに出、思わずデジカメを掴みに戻った(笑)

06.長月 弐八日

細月の出た頃

京極夏彦氏『陰摩羅鬼の瑕』が文庫化されたので、早速拝読♪
それにしても相変わらず凄い厚さ(汗)
相当時間が掛かるのでは。。。と思いつ読み進み、丸一昼夜費やした。
いつもの如くに物語に吸い込まれ、晩御飯の仕度も忘れそうな程だった(苦笑)
今回の作品はちと切ない。

06.長月 弐七日

アルファ・ルファ氏、読書に勤しむ

上々の秋晴れに、朝から爽やかな気分。
いつも余り手を付けない箇所の掃除と洗い物をやってみる。
全室のカーテンを洗い、窓と窓際をきれいにして、床板も磨く♪
残り湯を使ってお風呂も天井から水流しの溝まで念入りに。

窓越しの空が一段と澄んで見えたのは気のせいだろうか?(笑)
明るい日の光と涼しい風流るる、居心地好い空間になった。

06.長月 弐六日

窓辺のオアシス

お彼岸過ぎて、空気のひんやり感が一層増した。
雲がお陽さんを目隠ししつつ、秋空を流れて行く。
そんな風景をベランダから眺めていると燕がひらりと横切った。

旬の秋刀魚が食べたくて、夕刻に散歩がてら近くの魚屋さんへ。
きらきらと光る生秋刀魚を仕入れていそいそと帰る♪
そろそろ紅い曼珠沙華が咲き始め、秋も色濃くなって行く。
少し淋しいだけど嬉しい、そんな綯い交ぜの気持ちになる。

日が暮れる頃、静かな風に乗って夕餉の匂い。
明日も好い一日でありますように。。。

06.長月 弐五日

彼岸花・紅

思わぬ掘出し物を見付け、Get!
ぴったりサイズで履き心地も中々に宜しい♪
(嬉しくて暫く家の中を歩き回ってしまった...笑)
町歩きの際に活躍しそうだ。

06.長月 弐四日

てくてくアイテム

秋分の日というとお萩と結び付く。
幼い頃は祖母上と共に拵えて仏前に供え、お相伴に与った。
大人になり味覚が変わり、何と無く遠退いてしまった。

白玉じゃダメだろか?(笑)

06.長月 弐参日

ママコノシリヌグイとにゃんこ。

昨日、親友から悲しい知らせが届き、遣る瀬無さでいっぱいになった。

今日、所用で出掛けた帰りに見上げた夕焼け空。
余りにもきれいで涙が出た。
きっとこの空を天に向かい昇って行ったのだろう。

また、会えるよね?

06.長月 弐弐日

悲しみ溶かして

近頃又、スパムが増えて来たので、朝も早よから対策を。
頭の混乱することも無く、前回より落ち着いて作業終了。

ほふっと力を抜いて見上げた空に、雲のしましま。

06.長月 弐壱日

空のしましま

週中水曜日は映画サービスday♪
雲一つ無い青空になったので、洗濯物を片して
自転車の整備を済ませ、映画館へ Let's go 〜♪

TVで二週続けて放送されたから、確りおさらい済みの『X-MEN』
朝イチの回:十時半開演でも、ほぼ満席状態。思ったより年齢層広し。
初めから終りまで中弛みを感じる事も無く、存分に楽しめた。
(お気に入りキャラのミスティークが途中より出番無しになるのが残念・・・)
でも、エンドロール後にもきっちりお楽しみが設けてあるのでお見逃し無く。

鑑賞後は丁度ランチタイム。
ちょいとジャンクなものをと、本年二回目のマクドへ。
トマトグリルチキンサンドをサラダセットで頼んでみる。
スパイスが多少効き過ぎだけど、それなりにおいしかった。
以前は胃が受け付けなかった此方の商品...随分と変わったのだなぁ...。
今年中にもう一回位は利用するかも?(笑)

陽射しがまだ厳しい帰路途中、気になっていた珈琲豆屋さんへ立寄り。
名前の素敵なオリジナルブレンドや沢山の豆が揃っていて暫し悩む。
今回はその中から「海」と有機栽培紅茶のパックを選び、待合いの間に
「空」を試飲させて頂いた。すっきり且つ、まろやか・・・今日の青空みたいな味。
ふぅ。。。と伸びをしたくなる、リラックスモードになれる味♪

外には下校途中の小学生の行列...いつもより更にまったりとした昼下がり。
看板娘のおちびちゃんに手を振って、幸せ〜な気持ちで家路を辿った。

06.長月 弐拾日

深川珈琲

台風過ぎて訪れた秋。
昼過ぎ頃まで居座っていた分厚い雲も去り、降り注ぐ陽射しが眩しい。

いつもは自転車で行くスーパーへ、下駄を履いて徒歩にて向う。
...多少は運動不足解消になったかな?(笑)
季節の食材を幾つか求め、ほくほく気分で帰るは寄り道小道。
追いかけっこする猫たちや秋の草花、抜ける青空に思わずにっこり。

軽く汗ばむ夕方の照り返し。
風に揺れ乍ら、小花の向日葵が夏を見送っていた。

06.長月 壱九日

夏の名残り

昼夜逆転モード続行中なのか、単に台風被害が心配なのか...眠れずの夜。
朝三時頃にベランダの植物総員退避。仮眠後六時半過ぎに元通りに戻す。
予報通り朝には抜けて青空の予感だったけど、寝不足で半日布団で過ごしてた。
勿体無いけど、何とか体力復活!

夕方に見上げた空と空気は秋の装いだった。

06.長月 壱八日

台風一過、秋の空。

台風更に接近中。夜から朝にかけて抜けるらしい。
昼間は気持ち良かった風も日が落ちてからは轟々と渦巻き始めた。
一応対策済みだけど、ベランダの鉢植えが飛ばないか少しだけ心配。
・・・心配序でに洗濯竿も下ろしておいた(笑)

秋の今頃だときれいに広がる夜景も、遠くの方がぼやけて見えた。
大きな被害を出さずに通り過ぎてくれるとよいのだが...。

06.長月 壱七日

雨にぼやけて

さめざめと雨の降る静かな一日。
水路を流れる雨音、近くで秋虫のころころ、遠くから蝉のしゅわしゅわ。
建物脇の道を飛沫爆ぜ、過ぎて行く車の音。
いつも以上に外の気配が伝わって来る。

つと本から顔を上げ、窓の外に目を遣ると白い世界。
ベランダへ出て一枚カメラに収める。
。。。深呼吸して足元の鉢植えを見ると、昨日の蕾が開いてた。

06.長月 壱六日

小さな開花

台風接近中。
朝焼けが見られてほくほく気分で始まった日は夕刻には雨になった。
晴れの間に済ませたい事を片して、午后から買物&サイクリング♪
懇意の自転車屋さんが一時移転中の為、その場所まで足運び。
これ迄余り行った事の無い地域なので、色々と新しい発見があった。
其処で見付けたお惣菜屋さんで小鰯の天ぷらを買い、昼食代わりに頂いた。
・・・やはり広島は魚が旨いなぁ・・・♪
帰り道、お気に入りの魚屋さんに寄り、浅蜊・鯖・湯通しの鱧を購入。
鯖はこれから味噌漬けにして明晩の食卓に上がる予定。
今晩の献立は、山菜御飯・浅蜊の味噌汁・鱧の酢味噌和え・南瓜の煮付。
新鮮な食材を前にすると、いつもより真面目に作ろうって気になる(笑)

はてさて。美味しい秋はまだまだ続く♪


06.長月 壱五日

朝焼け〜台風前

休みの相棒と呉の大和ミュージアムへ遊びに行く予定だったけれど
動き出したのが遅かったのと電話連絡が入る関係で今回はお流れ。

それにしても気持ちの良い青空でありました。
実に一週間振りの布団の天日干し〜♪
今夜はふかふかの日向の匂いに包まれて眠れそう。
あぁ、幸せだ〜♪

06.長月 壱四日

爽やかな青空

激しい雨の早朝。
所用で出掛けるので、顰めっ面で雨の状態を見ていた。
久々に合羽着て自転車漕いで、汗だく〜^^;;
暫し忘れていた感覚で、妙に楽しくてニヤリ。(変? 笑)

幼い頃は、雨の日もレインコートと長靴で楽しいお出掛けだった。
素敵な雨靴をずっと探している。。。。でも好みが変らしい(相棒談)
子どもサイズはあったけれど、大人用は中々見付からない。
...蛙の長靴なんて可愛いじゃないかっ! 楽しいじゃないかっ!!
個人意見なれど、遊び心を満たしてくれる品って重要だ(笑)

。。。物欲覚めやらぬ自分に、ちと呆れつつ溜息。
秋はこれからだ☆

06.長月 壱参日

秋雨の午后

時が経つのは早い。
昨日はアメリカでの出来事からもう五年。
現場の中継を真夜中に見たあの頃は会社勤めをしていた。
。。。それから半年もせずに会社が倒産した(苦笑)
十年一昔と言うけれど、その半分を過ごした訳か・・・。

今のボクは空の機嫌を見つつ、のらりくらりと暮らしている。
2006年も残すところ、三ヶ月と半月強。
その間にどれ位の子どもたち(作品)が作れるかな?と考える。
計画立てて進めるとしよう。

06.長月 壱弐日

白丸印たち

情けない話、八月の終わり頃より自己管理がなっておらず
睡眠時間のズレた生活を送っていた付けが回って来た(汗)
朝迄寝付けず、身体もギシギシいう始末...摂生に努めよう。
早寝早起きの生活を目指すぞ〜!(笑)

今晩は秋の味覚を頂いた。うふふの初秋刀魚♪
旬の食材は身も心も充実させてくれる。

06.長月 壱壱日

秋の味覚の一番手

部屋の掃除中に何だったっけ?と開けた袋。
てっきり花の種だと思っていたら、飴チャンだった。
記憶を辿り、この二月に三原で貰ったものと思い出す。
お釈迦さんの誕生日・花祭りを祝うのにちょっぴり参加したような...。

旅先で色んな事に首を突っ込む癖があるから、その記念品。
又、ふらりと日帰り旅に出てみようかな。

06.長月 壱拾日

甘いおはじき

本日は重陽の節句。
菊の切花でも求め、のんびりと過ごすかと考えていたけれど生憎の雨。
留守の間に溜った埃を払い、洗い物なぞして日が暮れた。

まだまだ夏と秋が隣り合わせで出入りしている季節。
何ぞ煮物でも拵えて、ほっくりと過ごそうか。。。

06.長月 九日

秋運びの雲
[追記]ほっくり煮物^^
奥)大根皮と人参、蒟蒻の金平
(炒り子入)
手前)小松菜と薄揚げの炒め煮

他)大根としめじの山芋の餡かけ煮

・・・煮物尽くしの献立(笑)
煮物献立

日暮れると秋の虫たちが一斉に合唱を始める。
星が空から降る時もこんな音がするのだろうか?

裏山や草叢と生息に事欠かないらしく、かなり賑やかだ。
なので、外廊下を歩くとよく蟋蟀と出会う。
薄明かりなのでゴの字と間違うこともしばしば(汗)
一瞬ビクッ!とするけれど、気付いて一息。

白露の今宵は彼等の声を聴きつ、まぁるい月を愛でた。

06.長月 八日

気持ちの良い風に暑さ和らぐ。
白雲流れる青空とまだ青い稲穂の群れを眺めつ深呼吸して
駅までの道を歩いた。...黄金色までもう少しだね^^

所用で立寄った博多のキャナルシティ。
求めていたものが手に入ったので、ほくほくと軽く散歩。
蔦が絡んだ上階からの眺めが印象的だった。

思っていたよりも日没時間が早かったので、海に沈む夕焼けに
見惚れつ帰る計画はお流れに。次回のお楽しみが又増えた(笑)

06.長月 七日

CANAL CITY

雨に見舞われた住処へ戻る日。
雨用の装備をしていないので、一日ずらすことにした。

庭木に降る雨の音を聴きつ、染み込んで行く土の香を嗅ぎ
残り少なくなった蝉の声とコロコロと鳴く虫の声にうっとり。

故郷もすっかり秋の気配だ。

06.長月 六日

[追記]秋篠宮家に赤さん誕生☆ 何はともあれ目出度い^^

生家の庭にて

サイクリング気分にさせる風の少し強い日。
雨の日の通学に使ったルートのバスに乗り、海岸方面へ。
バス停迄の距離はこんなに近かったっけ・・・?と少し驚く。
記憶なんて結構曖昧なものだ(苦笑)

海岸通りの新しい建物、新しい道を眺めてポゥとひと息。
ちょっとだけ時間を遡りたくなった。

06.長月 五日

タマスダレ

実家でまったりと読書。
午后から祖母様のお見舞いに。
久々にパッチリと目が醒めていて、珍しい顔が来たと声を上げていた。
トロトロとした夢の世界に居る彼女が憶えていてくれた事が嬉しかった。

06.長月 四日

高校時代の友人たちと暫し語らいの午后。
出会いから二十年・・・確実に年月は過ぎ重ねているけれど
本人達にはそういう感覚が無いのが妙に可笑しかった。

夕、兄貴殿の奢りで『スーパーマン・リターンズ』鑑賞。
厳選されたというだけあり、今回のスーパーマン:ブランドン・ラウス氏は
先代よりも少しばかり垂れ目だが、若かりし頃のリーブ氏を彷彿とさせる。
ロイスとの星空散歩シーンは中々ロマンチックだった^^
ライバルのレックス・ルーサーが少々癖のあるケビン・スペイシー氏。
この方、スキンヘッドが似合うなぁと妙な所でニヤリとしてしまった(笑)
物語の流れとしては2の後という事だけど...子どもが出来る関係にまで発展して
いたか記憶が定かで無いのが情け無い(汗)旧作を見てからトライの方が良いかも。
全体としてはかなり満足な仕上がりだった。やっぱりスーパーマンはカッコイイ!!
(個人的に二時間半もある作品だと知らず、尿意を催して大変に困った...苦笑)

06.長月 参日

緑と朱

故郷で呑み会。
数年振りの面子と盛り上がる。
久し振りに浴びる様に呑んだ気がする・・・。
二次会で食べたモツ入ニラソバが翌朝まで尾を引いた(苦笑)

06.長月 弐日

酔い宵

長月は風も爽やかなすっきりとした青空で始まった。
昨日は終日雨で気温も低かったからだろうか、蝉の声が少なく
その反動か、今日は朝から元気に追い込みとばかりに大合唱。
そんなのに釣られ、自転車の修理がてら瀬野川縁をサイクリング。
変速機のワイヤーが磨耗し切れていた...長い付き合いだからなぁ(笑)
これからもよろしくな、我が愛(自転)車♪

水嵩増した川面を眺めつ、のんびりと秋の始まりを楽しんだ午后。

06.長月 壱日

露草