[18切符の旅]こてこてな大阪一泊二日(おまけ付き)〜06.弥生 壱壱日−壱弐日訪
始発待ち 霧の朝 朝茜 連絡駅・岡山
とあるチャットのオフ会に参加すべく、朝一列車で大阪へ向う。
チャット友の一人が卒業&関東への就職で関西を離れる事になったからだ。
その子にはとてもお世話になり、お祝いを直接渡したかったので、今回の遠出となった。

最寄駅発6:05の始発電車に乗るべく準備をしていると、相棒が駅まで送ってくれるという。
私事なのに申し訳無く思いつつも、有難くお願いする事にした。
準備を済ませ家を出ると、前がよく見えない程の濃い霧がたちこめていた・・・。
乗り込む前に自販機で熱々のおでん缶を買い、肌寒いホームでそれを食べ身体を温める。
始発に乗る事など滅多に無いから、電車を待つ人の姿さえ何だか新鮮に思えてしまう(笑)

霧を染めながら朝日が顔を出したが晴れることは無く、大阪に着く迄ずっと白い世界が
続いていた。
印象深かったのは、明石の辺りで海に面して走る時、押し寄せる波の如くに霧が海上を
流れて来た光景と、まるで生き物のように身をくねらせ流れていた様。
随分と魅せられた。


大阪到着一食目 大丸孔雀 道具屋筋前 上方浮世絵館
五時間半後、大阪に無事到着。久々の人込みに、ちびっと興奮(笑)
案内役の友人との待合せ迄に少々時間があったので、駅前をうろうろ。
店先にはWhite-Day向けの品が並び、カラフルさが目を楽しませてくれる。
色んな品があるものだと感心しながら歩き、便利グッズコーナーで折畳みの手提を買った。

友人らと合流し、先ずは心斎橋でお好み焼きに舌鼓を打つ。
昼間っから軽く呑み、気分は既に上々♪
お腹も落ち着いたところで、すっかり晴れた青空の下を道頓堀へと移動する。
心斎橋筋商店街 道頓堀 道頓堀極楽歌劇団
道頓堀極楽商店街 道頓堀極楽商店街
宴前のひととき 干支みくじ 道頓堀極楽歌劇団 道頓堀極楽商店街
心斎橋筋を抜け、グリコの看板前を通り、戎さんのデッカイ顔が目印のビルへと入る。
TVで知り、どんな所か気になっていたのだが・・・こんな感じ。
大正から昭和初期の町並みを再現した、その名も『道頓堀極楽商店街』。
飲食店や雑貨店、駄菓子屋に祭りの屋台なぞが並び、ちょっとしたタイムスリップ感覚を
楽しめる。 メインイベントが始まるまでの間、そんな薄明かりの街中をぷらぷら。

そうこうする内に、広場にて歌劇団の公演が始まった。
お客も巻き込んで、こてこてな人情活劇のミュージカルが展開される。
派手な衣装に、おかしな名前の登場人物の掛け合い。所狭しと動き回り、息も吐かせない。
最後はお約束の合言葉で、お客みんなも参加しての大団円! 宝塚にも負けてないかも(笑)
楽し面白かったーー!! 久々によぉ笑わかせて貰った^^

此処を出、喫茶店でひと休み。
チャッ友の買った干支みくじが可愛いので、撮らせて貰う。
人心地ついた後、チェックインの為、一時別れることにした。

梅田にてオフ会。...随分と久し振りの参加だ。
話も弾み、酒飲みばかりなので大いに盛り上がる。
二次会はお約束のカラオケ。やたらと濃い歌ばかりだった気がする(笑)

零時前にお開きとなり、宿の門限に間に合うよう環状線に乗る。
深夜のホームから見えた通天閣が綺麗だった。
夜の宴

ビリケンさん 雨の新世界 串カツで一杯!
花の大阪 姫路駅:駅そば(天ぷら)
一夜明けると、雨だった。
予報と睨めっこしつつ、降らない方に賭け、折畳み傘を置いて来たのが裏目に出た(苦笑)
朝風呂でさっぱりし寛いでいると、友人からメールが入る。
待合せ場所を決め、時間まで荷造りなどして過ごし、受付の人に挨拶をして宿を出た。

雨の新世界はこれで二度目だな、などとつらつらと考えながら待ち、友人と合流。
流石に傘無しは辛いのでブルーのビニール傘を買い、先ずは串カツ屋へと入る。
しかし、まだ営業前だった為、開店まで通天閣に上る事にした。
前回の時は改修工事中であったから、まともな姿を見るのはこれが初めて。
エレベーターで展望室へと上がり、景色を楽しむ。
晴れていれば中々の眺望が望めるだろう・・・ちょっと残念。
人だかりのビリケンさんを何とかカメラに収め、少しうろうろし下りた。

先程の串カツ屋にて、串カツのセットと麦酒を注文。
ソース二度漬け禁止の貼り紙やメニューを見て、暫し待つ。
かなり空腹だったので、がっついて食べる・・・うまいっ! 思わず顔が緩んだ(笑)
宿の地図 乗換え駅:三原にて 大阪名物(?)・たこむす 大阪名物(?)・たこむす
他の友人の列車の時間などもあり、梅田へ移動。
友人の希望で、イカ焼きを求め阪神百貨店へ足を運ぶ。
わくわくしながら列に並び、ボクも一つ買う。

新幹線で帰る友人を送る為、新大阪へ移動し、もう一つの希望の品を探した。
なかなか見付からず、諦めかけて最後に覘いたキヨスクでやっと発見。嬉々として購入。
ボクらが買ったのでお終いだったから、それなりに売れているのだろう。

友人を見送り、もう一人の友人とも別れの挨拶をし、少し早いがボクも帰ることにした。

久々の大阪、久し振りのオフ会と思った以上に燥いでしまったのだろう。
途中寝惚けつつ、姫路に到着。
乗り換えに少々時間があったので、駅そばにて名物の天ぷらそばを食べた。
火傷しつつ啜っていると、雨によりダイヤが乱れているとの知らせが入る。
虫の報せかね(笑) 予定ではもう二時間程、大阪駅界隈を散策するつもりでいたのを、
切り上げ帰ることにしたのだから・・・。

行きに読みかけていた本を読んで過ごし、三原に着く。
此処でも時間がかなりあったので改札を潜り、構内をぷらぷら。
売店にて飲み物を買い、蛸のはっちゃんダルマをカメラに収め、ホームに戻った。
最寄駅到着までの間に、大阪で買った「たこむす」を頂いた。
名古屋の天むすのように、たこ焼が乗っかっているもので、マヨネーズはお好みで。
味は正直、微妙。決して不味くはないが、これという決め手も無し。
・・・話のネタにはよさそうだ(笑)

駅に着くと雨も上がり、綺麗な月が出ていた。片道約六時間の旅は無事終了。
しかし、何だかんだとよく食べた。・・・やっぱり大阪は旨く、おもろい町だった。
(06.皐月記)

おまけ(壜詰プリン) おまけ(壜詰プリン) (おまけ)
オフ会をしたお店でコースの最後に頂いたデザートの
プリン。なかなかにおいしかった♪
お土産として引換券を貰ったので、帰る日にデパート
に立寄り交換して貰った。

因みに、車を出してくれた相棒への土産は、大好物の
クラブハリエのバームクーヒェン。
おいしいだけあり行列が出来ており、買える迄に相当
時間が掛かった^^; (日曜日だったしね)
。。。喜んで貰えたから、ま、いっか(笑)