■雨の鎌倉珍道記D・・・東京・浅草/三日目 〜 07.文月 壱五日
モーニングタイム直前まで爆睡して半寝惚け状態でホテルの食堂へ。
昨夜のストレッチの甲斐無く、筋肉痛で身体がギシギシと軋む(苦笑)

初日の宿とは異なり時間制ビュッフェ形式なので、遅く行くと料理が余り残っていなかった。
けれど、焼き立てパンが売りなだけあってどれもおいしく、幾つかお代わり。
...そんな宿泊プランを選んだのだから、文句も言えないか(笑)

横浜の地下鉄@ 横浜の地下鉄A 馬車道駅
階段を下りて行くと、赤煉瓦造りの何ともレトロモダンな建築物
天井も高く、圧迫感の無い造りに地下鉄だと言うことを忘れてしまう
横浜の地下鉄B 横浜の地下鉄C
宿のラウンジにて何処へ行こうかと今更乍らに悩む。
当初の予定では横浜中華街をぷらり、時間が有ればみなとみらいにも足を延ばしてみようか?
そんな風に考えていた。
しかし台風の影響で最悪の場合、交通機関が止まる可能性もあり、余り長居出来そうに無い。
さて、どうしよう。。。?
並べてある観光パンフに目を通すも、この天候ではちと身動きが取り難そうだ。
それならば新幹線の始発地/東京へ移動し、台風の様子を見ながら浅草観光でもしようか?
という話に纏まった。


ちと増えた荷物を雨に濡れぬように抱え、最寄の地下鉄まで歩く。
駅の随分とお洒落な造りに軽く興奮しながらデジカメに収め、構内へ。
乗り換えの横浜@
ほんに大都市の路線は迷路の様で
いつも頭がこんぐらがる(笑)
此方への出張で慣れている相棒と
逸れぬように注意しつつ、横浜で
JR線に乗り換え。

。。。電車の旅は好きだけれど、未だ
都会の路線図は頭に描けない。
何度も乗った山手線でも、きっと
迷ってしまうだろう(苦笑)
乗り換えの横浜A
雷門 雷神 風神 仲見世通り
鳳凰
駅のロッカーに荷物を預け
気持ちは完全におのぼりさん。
数年振りの浅草はどんなだろう?
とワクワクしながら向かう。

残念ながら顔である「雷門」提灯は
台風対策か畳まれていた。
あれだけ大きなものだから、吹き
飛ばされたら一大事。
・・・こればっかりは仕方が無い。


風雷神にご挨拶して門を潜り
仲見世商店街へ。
台風接近にも係わらず、沢山の
観光客でごった返している。
土産物屋を覘きたいのは山々だが
お参りを済ませてからにした。
台風対策
本堂 本堂より 本堂にて 宝蔵門
手水場
初めて訪れたのは、もう彼是
五年も前のこと。
あの時も夏で雨が降っていた。

それまでの人生の中で一番の
転機が訪れた年で、色んな事に
首を突っ込んでみたっけ?(笑)
良くも悪くも、今となっては
笑い話に出来るようになった。

そんな事を思い出しながらの
浅草寺参り。
あれからボクは変わったかな?
朱柱を撫でつつ一回り。

。。。日本の色んな所に思い出の
欠片を探して旅してるのかも
しれない。
お清め
変わらぬ店 揚げ饅頭屋 揚げ饅頭 団子屋台
揚げ饅頭や揚げ煎餅を買って、頬張りながら商店街を歩く。
お気に入りのお店が変わらず営業しているのを見付けて喜び
反面、閉店してしまった店舗もあって寂しくもなった。

雨降りだと言うのにハンカチのスペアを持ち合わせて居らぬ
相棒を誘い、手拭いのふじ屋さんへ。
沢山の柄の中から相棒は紫陽花と朝顔を、ボクは蛙を購入。
・・・こうして少しずつ手拭いが増えて行くのだ(笑)
祭りの名残
てぬぐい ふじ屋 雨の公園 見学
一週間前に夏のお祭り “ほおずき市”が行われ、
町のあちこちで籠入りの鬼灯を見掛けた。
どんなお祭りなんだろう? 一度は見てみたいものだ。
。。。そんな事をぼんやり考えながら歩いていたら、海外からの
観光人に英悟で話しかけられ、しどろもどろ(苦笑)
(「ここいらの営業時間? 多分、夜8時頃で終いだよ。」と答えたが合っていたのやら?汗)

ちと歩き疲れ、お気に入りのお店でひと休み。
そこへ向かう途中、髷の鬘を被り屋台を担いで歩く物売りと
擦れ違った。・・・はて、あれは何の屋台だろう?
気になったけれど、一先ずカフェに腰を落ち着けた。

団子屋台
珈琲屋 まったり。 ご縁猫 修行僧
珈琲とチーズケーキでまったりした後、七味唐辛子屋へ。
先程の屋台が居たので覘いてみると、団子屋さんだった。
蓬餅が美味しそうなので、帰りのお八つに買い求める。

記憶を頼りに探し、やげん掘さんへ。
ベースの唐辛子にお好みで薬味を足してくれるので、自分好みの
風味になる。ボクは少し陳皮を多めでお願いし作って貰う。
以前求めて嵌って以来、今回やっと再び買うことが出来た♪
昔も今も 七味唐辛子 やげん掘 浅草土産 変わらぬ味

東京メトロ 銀座駅 500系 台風取材
台風の影響で混乱の程が気になっていたけれど、心配する様な事態では無かったらしい。
...しかし、流石にこれだけ大型の台風接近となるとNewsのネタになるのだろう。
隣のホームにTVカメラを構える取材陣が居た。。。。物珍しいので、一枚パチリ!(笑)

流石に始発駅だけあり、歴代の車両が揃っていた。
発車までかなりの待ち時間があるので、ちょろちょろと記念撮影!
ボクと同じ様な姿がちらほら。・・・小さな子から小父さんまでと鉄道ファンは幅が広い。

車内でお弁当と麦酒を頂きつつ、車窓に流れる晴れ行く空に軽く苦笑い。
。。。ほんとに今回は雨に振り回された旅だったナ。
けれどきっと、晴れの日とは異なる鎌倉の魅力に出逢えたに違いない。
700系&300系 夏野菜御膳 ゆるりと 人形焼
この天候のせいで結局、帰りも富士山を望むことは叶わず、それだけが心残りとなった。
帰りの車窓から@ 帰りの車窓からA

鎌倉*小鳩豆楽

【おまけ】お土産いろいろ
 改めてこうして並べてみると、帰りの手荷物が倍に増えた理由が
 よく解かる・・・(笑)

 旅のあれこれを思い出す品々です。

浅草土産@ふじ屋てぬぐい 鎌倉土産@力餅屋のお菓子 鎌倉土産A絵葉書いろいろ


鎌倉土産Bココアシガレット

ご当地パッケージ版
こんなに沢山ありました
つい全種買っちゃった(笑)
鎌倉土産いろいろ
浅草土産A杵屋のおかき
チロルチョコいろいろ 浅草土産B壱番屋の煎餅