[青春18切符の旅] 兵庫/西宮&夙川 : 思い出と憧れの桜並木を訪ねて 〜07.卯月 五日
福山城 車窓からT 車窓からU
平常よりもお得な春の青春18切符を買った序でに、JRの機関紙を貰って来た。
何でも、関西で仕事をしていた頃に通勤で使っていた路線に新しい駅が出来たらしい。
その名も『さくら夙川』・・・何とも惹かれる駅名ではないか!(笑)
兵庫から奈良へ越し、更に広島へ移りと、何か切欠でもなければ行けない気がして
今春の18切符での旅初めに懐かしの西宮・夙川へ出掛けようと決めた。

出掛ける幾日も前から天候や面白そうな博物館をチェックし、いつもより念入りに下調べ。
...興奮の余り、前夜は少ししか眠れなかった(笑)
出発当日は朝から気持ちの良い青空で、嬉しくてニコニコしっ放し。
停車駅毎に春の様子を楽しめて、たまにのそりのそりと車内を徘徊しては、デジカメを
構えるカメラ小僧と化していた
 ・・・平日の旅なので、相当不審人物に見えたことだろう(苦笑)
JR西宮駅 西宮大橋より
意気揚々と降り立った西宮駅。震災の頃の面影はもう無い。
阪急沿線住まいだったから、この駅との思い出はやはり震災絡み。
少し苦くて、けれど生きる事に一生懸命だった日々。
ぼーっとそんな事を思い出しながら、カメラに収めてバスに乗る。
そう言えば、震災後の六甲ライナー代行以外でこの土地のバスを
利用したのは初めてだ(笑)
行先は西宮浜にある博物館。途中に造り酒屋の蔵やら
神戸発信の洋菓子店:アンリ・シャルパンティエの
([henri-charupentier]←これが読めなく(想い出せなく)て帰るまで悶々としていた。笑)
でっかい建物を横目に眺め、下車したくなる気持ちを抑えつつ
...大きな橋を渡り遠くにも別の橋を眺めながらの往路。
甲子園と酒蔵〜西宮
貝の博物館 波音回廊 貝の博物館
迷うかと思いきや、目的の西宮市貝類館はバス停の
真ん前。...大きな二枚みたいだ^^
(ヨットの帆をイメージして設計されたものと後日知った)
とても面白い形なので入館前に周りをウロウロ。
全体像を収めたくて角度を変えたりと試したものの
結局大き過ぎてフレームアウト(笑)
...時間にゆとりが無いのを忘れ掛けていた。
さて、それでは早速内部を拝見・・・♪
海の先輩 天使の羽根
レリーフ
貝殻のレリーフがお出迎え。
世界各地で採取した貝殻を種類や地域・海域、人類の生活との
係わりなどに分けて展示してあり面白い。
貝の種類別展示に蝸牛が居て、そう言えばこれも貝類だっけ・・・と
目から鱗(笑)
ミニ採取体験コーナーでは砂を掻き分けて貝殻を探すことができ、
童心に返って貝殻探し♪
オウムガイの泳ぐ姿を暫し眺め、螺旋の秘密に思い巡らせる。
。。。様々な色や形は海の不思議。大人になった今でも魅了される。
たまには耳に貝を当てて、波の音を聴くのもオツかもしれない。
入館記念に貰える貝殻を選んで、ちと夢見心地で外へ出た。
螺旋 貝の歴史

行きのバスから見えていた桜並木が気になって、戻りの時刻を気にしつもマリーナの方へ足を運んだ。
これが大変見応えのあるもので、ついつい長居してしまうことに・・・。
海への並木道 新西宮ヨットハーバー
桜色だけでなく、白や桃色と色んな色の桜が植えてある。
もう嬉しくて浮かれてしまい、キョロキョロキョロ・・・。
芝生の上を元気に駆け回る子どもたちの姿に笑みながら、嗚呼、春爛漫。。。♪としみじみ。
空腹なのも忘れてしまう程、お腹がいっぱいになってしまった。
もう少し時間にゆとりがあれば、海岸縁を散策できたのになぁ・・・ちと名残惜しい。
浜の桜@ 浜の桜並木 浜の桜A ヨットと桜

・・・こんな風にあっちゃこっちゃと寄り道していたものだから、一番の目的地:夙川河川敷に着いたのは
16時近く。既に陽も傾き始め、おまけに雲が出て来て、桜もぼんやりと見え始めてちと焦る。
さくら夙川駅で記念スタンプを押して、先ずは夙川まででぽでぽ。
パンフレットなどで見掛ける写真のアングルはこの辺かな...?なんて思いながら川縁に北へと進む。
頭の中にある地図ではJR⇔阪急電車間はもっと離れていると思っていたけれど、案外と近かった(笑)

夏の暑い頃、級友と苦楽園⇔阪神/香露園駅を歩いた記憶が蘇る。
あの頃は関西に来たばかりで右も左も全く分からず、その級友がとても頼もしく見えたものだ。
夏の青と緑の世界が、今は桜色に変わりボクの目の前に広がっている。

遊歩道沿いには食欲を誘う匂いを放つ屋台が並び、彼方此方でシートを広げお花見を楽しむ人たちや
夜の酒宴に向けて場所取りをする方々の姿。皆とても和やかな表情で桜を見上げていた。
流れ髪 夙川桜模様@ 夙川桜模様A
。。。七分咲き位かな?
それでもこれだけ沢山の桜があると心地良く酔ってしまう。

阪急夙川駅から更に北上すると、こんな美しい光景が待っていた。
・・・只々溜め息が漏れた。
夙川桜模様B 夙川桜模様C
桜川郷

時間的に余裕があれば、ゆるりと歩いてみたいと思っていた懐かしの通勤乗り換え路。
夙川沿いにJR→阪急電車→苦楽園方向へと北上し、帰る時間も忘れギリギリまで恍惚として
しまった。
内心焦りつつ時刻表を調べ直した結果、必然的にその懐かしのルートを通る事になった。
阪急夙川駅からたった一駅分だけ乗った思い出の路線。
チョコレート色の車輌から流れて行く景色を眺めて、何故だか溜め息が漏れた。
一駅分 阪急電車 桜情報
震災前後の事なぞを思い出しながら岡本駅の改札を潜り、駅前にあるケーニヒスクローネにて
相棒への甘いお土産を求め、JR方面へと歩く。
毎日通った懐かしい道。
大好きだったお店が殆ど変わらずに営業しているのを見て、何だかほっとした。
覘いて行きたいけれど、時間が無い・・・ちょっと口惜しい。
それでも昼食抜きだったから、パン屋さんへだけは確りと寄って!(笑)

予定の時間に間に合うように、JR摂津本山駅へ無事に到着。
こんなにのんびりとした構内だったろうか?とキョロキョロ・・・。
この駅周辺も余り変わっておらず、やっぱりちょっとほっとした。
乗り換えの町 思い出の味 お気に入りのパン屋
摂津本山駅へ のんびりなホーム 君は誰?
・・・はてさて、乗り換えの為、芦屋駅で待っていると
こんなアナウンス。「病のお客様が居られ、出発が遅れた為
ダイヤが大幅に乱れております・・・」 。。。。。へっ!? 
実は帰りの予定は全て最終便で組んであり、正直冷汗もの。
結局、大混雑の新快速に乗れ、乗換えもスムーズに済んだので
無事辿り着くことができた。...まぁ、これも旅の醍醐味。
ヒヤヒヤな気持ちもまた旅の思い出になる(笑)

桜三昧の一日だったな...と見上げた空には、ぼんやり雲間の
お月さん。フゥ・・・と吐息が漏れた。       (07.皐月記)
卯月の月
洋菓子の町土産 [おまけ]
余り時間が無くて、パタパタと決めてしまったお土産。
クマのキャラクターが可愛い洋菓子屋さん
ケーニヒスクローネのスティック菓子。
種類も豊富で、一つずつ買って来た。
甘〜いの、さっぱりなのと色々。
パッケージも袋も可愛くて、食べる前に記念撮影^-^ 

後日、西宮近辺の事をちょここっと検索し直してみた。
洋菓子店の数がとても多いのだそうです。知らんかった〜(笑)
...確かにバスからもケーキ屋らしき建物を沢山見掛けたもんネ^^