[青春18切符の旅] 山口/柳井 : 金魚提灯と白壁の町へ 〜07.卯月 六日
ようこそ柳井へ〜 ぽかぽかとした陽気の中を電車に揺られて、柳井へ。
18切符を使ってのんびりと帰郷するのが常になり、一度足運び
してみたいと思っていた金魚提灯の町。

微睡んだ電車から降り立った其処はとてものんびりとした風情。
駅前の案内図で確かめて、煉瓦敷きの道をてぽてぽ歩いて
白壁の町並みへ。
町のマスコット
金魚提灯・・・ふよふよ・・・ 白壁の町 春色
風に揺れる金魚提灯に誘われて白壁小路へ。
平日だからか、観光客も疎らでのんびりとした風情。
青空に映える白壁がとても美しく、早速カメラに
手が伸びる。
窓硝子に映り込む景色なぞも絵葉書のよう。
それに何処も彼処も花が溢れていて、何だか心も
浮き立ってしまう。
・・・春だなぁ・・・なんて、しみじみ。
瓦版? ガラス戸の世界
やない西蔵 柳井の顔 しらかべ学遊館
地図を見ながらあっちゃふ〜ら、こっちゃふ〜ら。
そうこうする内にやない西蔵へ到着。
風に揺れる桜が可愛いのでパチリ!
。。。ん〜、絵になる^-^
(ブレるから何度か撮り直したけれど。笑)
草木染や機織り、提灯作りの体験コーナーがあり
挑戦してみることに。
開始が13時以降なので、一先ず腹拵えと周辺散策へ。
灯りのフォルム しらかべ学遊館
しらかべや
しらかべ学遊館にふらりと入ってみる。
昔の生活用具がずらりと並ぶ。
ひと昔前の暮らし向きを感じさせる生活音
(食事の仕度をする台所の音、犬や猫の鳴き声
豆腐売りの笛の音、下駄で歩いて行く音など)
が流されているから、ひょっこりと何処ぞの
横丁にでも紛れ込んだみたい。何だか懐かしい。
使い込まれた生活用具は独特の色艶を持っていて
温もりを感じるから好き。
柔らかな明かりに照らされたそれらの中で暫し
まったりと過ごしていると、腹の虫が鳴いた(笑)

来しなに見付けたうどん屋さんにてお昼ごはん。
きっとお茶の時間も取るだろうからと少し軽めに。
二人とも「おまかせ元助うどん」を注文。
歯応えサックリな瀬戸内の小海老天ぷらにお肉、
ワカメにほろ甘煮のお揚げさんと具沢山♪
半分透き通った、しこしこつるりんな麺の食感☆
熱々なのでハフハフ...としつも軽く火傷(苦笑)
黙々と頂き、食べ終わったら大汗をかいていた(笑)
ん〜〜〜、おいしかった! ご馳走様でしたっ!!
写真館
おまかせ♪ ↑ 壁が可愛い写真館
切り絵
絵葉書みたいなマンホール
町並み資料館 賑わい 買い物カゴ提げて・・・ お庭の春
お昼寝中 。o O
食後は腹熟しも兼ねて、西蔵とは逆方向にあるお寺さんまでぷらぷら。
町並み資料館を右に曲がり、「柳井」の地名発祥に縁有る柳と井戸のある
湘江庵に立ち寄り。
何でも此処の井戸の水を飲むと美人になれるのだとか!?
それはさておき、咽喉が乾いていたので一口頂きました(笑)
そこへ団体さんがわらわらと到着。
ボクが水を飲んでいる真横で記念撮影とは・・・。ちと苦笑。
一声掛けて下されば、退きますよ〜^_^;;
国木田独歩旧宅へ向う途中に猫を見付けて、暫し和みのひととき。
光台寺の楼門を収め、山の上公園の桜を見上げて引き返す。
散歩中のフレンチブルと途中迄ご一緒して、バイバイと手を振った。
地名発祥の地 芽吹き 光台寺 mix
佐川醤油蔵 佐川醤油蔵 佐川醤油蔵
ぷかぷか。。。 佐川醤油店
機織り体験の前にちょっとだけお買い物。
西蔵の隣にある佐川醤油店の博物館兼お店の蔵へ。
色々と試した中から故郷の醤油と同じほんのり甘口の軟らかな味が気に入り、甘露醤油を購入。
仕込み樽や仕込みの過程を描いた図などを拝見してから蔵を出た。
柳井産いろいろ
←はてさて...機織り体験の出来栄えはこんな感じ。
15×15cmのコースター。
セット済みの縦糸の色を決め、好みの横糸を選んで織り込んでゆく。
ぱたん・とん、の繰り返しで慣れて来るとリズミカルになって
とても心地良い。
実際にやってみると分かる、かなり肩の凝る作業。
ボクのはこんな小さなサイズだったけれど、広幅のものだともっと
大変だ。根気が無いと続かない作業だなぁ・・・としみじみ。
体験料:一枚/\350也。制作時間は二枚で一時間強かな。
。。。やぁ、ほんに楽しかった♪
(楽しさの余り、西蔵の内部を撮り忘れた・・・汗)
難波庵 白壁の町 酒屋の軒先
機織り体験をしている間に面白い看板が大変気に
なっていた喫茶店は既に店じまい。
先程擦れ違った自転車に乗った男性が店主で
あったらしい。残念で暫し周りをウロウロ・・・。

その時に見付けた立板にこんな注意書き。
「かにが路上を横切ります。人も車もご注意を」
。。。思わず“くふん”と笑えて、肩の力が抜けた。
気になるメニュー・・・ カニも横断?
ポルテ・デ・ボー うさ耳パフェ♪ たんぽぽ珈琲 ポルテ・デ・ボー
気を取り直して、惹かれていたもう一軒の喫茶店へ。
自然派志向の身体に優しい材料で作られたお茶やお菓子がメニューに上る。
ボクはたんぽぽ珈琲、相棒はパフェと珈琲のセットを注文。
トッピングのアイスが選べるそうなので紫芋をチョイス。
少し分けて貰ったけど、思わず顔綻ぶお味。

調子に乗って、味が気になった八丁味噌アイスを追加注文。
口に含んだ瞬間に味噌の風味がしたけれど、癖が無くおいしい。
強いて表現するならば「ミルクミソスープ」(笑)
でもたまにそんな味噌汁を作るから、違和感は無かったけどな?
...相棒はちと複雑な表情をしてた(苦笑)
八丁味噌アイス
白壁と金魚たち 白壁の町 下町慕情 モニュメント
名残り惜しみつ、提灯好きの知人へ
赤いおべべの金魚を一つお土産に。
今度は金魚提灯作りを体験しに
又来るね!

駅前のモニュメントをカメラに収め
帰りの電車で金魚の夢を見た。
(07.卯月記)